ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


スキンケア化粧品「ASTALIFT(アスタリフト)」テレビCM

 

「変化する人」篇

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

  • 放映開始日:2019年10月26日より

ストーリー

ジェリー状先行美容液「ASTALIFT JELLY AQUARYSTA(アスタリフト ジェリー アクアリスタ)」は、肌に存在するセラミドと同じ構造をし、肌への親和性が高い2種類の「ヒト型セラミド」(*1)を独自技術で世界最小(*2)の20nmにナノ分散し、浸透力(*3)を高めて(*4)配合したジェリー状先行美容液です。その効果実感から、発売以来、アスタリフトのメインアイテムとして、多くのお客さまにご好評をいただいています。 本製品は2019年9月に、独自成分「Wヒト型ナノセラミド」(*1)を増量、新たに「アセンヤクエキス(*1)を配合し、リニューアルをいたしました。

TVCMのストーリー・みどころ

【ストーリー】
「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」の保湿機能と質感をイメージするような、みずみずしい真紅のしずくが、ゆっくりとしたたります。そのしずくは微粒子となって女性の肌のすみずみまで素早く浸透します。「ASTALIFTのセラミドは、人の細胞の1000分の1。」「その小ささは、より確かな浸透を目指して生まれた。」とナレーションが入ります。 独自の保湿成分である「世界最小Wヒト型ナノセラミド」の文字が画面に映り、その背景に水の波紋が広がります。水の奥から誕生したかのように「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」が現れ、水面に浮き上がります。ジェリーのテクスチャーを模したイメージカットから「密度が変わる(*5)。土台が変わる。(*6)」というコピーが画面にインポーズされると、次の画面は一転、朝の陽ざしが差し込むように明るくなり、「翌朝感じる幸せ。」「ハリとうるおいで満たされた肌へ。」とナレーションが入ります。モデルの女性は視線を上げて、充実感のある表情を見せます。

【みどころ】
「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」の高い機能性をお伝えするために制作したこのTVCMでは、アーティストの中山晃子さんによる「Alive Painting(アライブ ペインティング)」の手法を取り入れ、微粒子がモデルの女性の肌に降り注がれ浸透していくイメージを、美しい色彩と繊細な動きによりドラマチックに描きました。また、ブランドカラーである赤を基調に、水面に落ちるしずくや水のゆらぎのカットを撮影することで、ジェリー状の製品のみずみずしい質感と保湿効果を伝えています。 本作品を通じて製品特長を表現するとともに、アスタリフトシリーズが、富士フイルムの技術力が生んだ「ナノテクノロジーによる浸透力(*3)」を強みとする「サイエンスに裏付けられた機能性化粧品」であることをお伝えいたします。

  • *1 うるおい成分。
  • *2 国内外論文、国内特許の自社調査結果。2019年10月1日時点。
  • *3 角層まで。
  • *4 当社比。
  • *5 当社比。「土台」とはしっかりとしたお手入れという意味。
  • *6 スキンケアの内容が充実すること。

スタッフ

CD 高柳 謙介(電通)
CW / PL 檀上 真里奈(電通)
AD 河野 智(電通)
CP 近田 理英(電通)
Pr 伊達 優(東北新社)
PM 早津 直輝(東北新社)
演出 近藤 正之(OND°)
撮影 佐藤 匡(TOKYO)
照明 小林 洸星
仕掛け 茅沼 光明(GIVS)
Alive Painting アーティスト 中山 晃子
CG 中島 勇(CONCEPT LAB)
MA 塚本 啓介(OMNIBUS JAPAN)
音楽 照井 淳也(Massive Music)
オフラインエディター 村岡 怜弥
オンラインエディター 太田 貴寛(khaki)
カラリスト 福田 康夫
スタイリスト 真島 海帆
ヘアメイク 千吉良 恵子(cheek one)
出演者 髙橋 マリ子
キャスティング 増田 恵子(Gambit)、尾高さち(Gambit)
広告会社 電通

関連情報

広告に使われていた製品・サービスを探したい方はこちら。

エイジングケアを目的とした化粧品シリーズ。

エイジングサインが気になる方へ。アスタリフトをぜひお試しください。

光の「色」と「角度」による肌色の印象の変化を抑制して、どんな光環境下においても肌を美しく見せるベースメイクシリーズ。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る