ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


フジカラープリントテレビCM

 

「それぞれのウォールデコ」篇

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

  • 放映開始日:2018年12月より

ストーリー

「お正月を写そう♪2019 それぞれのウォールデコ」篇には、プリント関連製品などのプロモーションにおいて、2015年から当社のイメージキャラクターを務める広瀬すずさんに加え、今年は石原良純さん、長嶋一茂さん、DAIGOさんの3人が登場。今年、テレビで見ない日はないほど、バラエティー番組などに引っ張りだこだった人気者たちがすてきな着物姿で一堂に会し、年末年始恒例のTVCMシリーズを盛り上げます。
一番の見どころは、それぞれのとっておきの写真がお披露目されるシーン。広瀬さんの赤ちゃんの頃や少女時代の貴重なプライベートショットをはじめ、若い世代は知らないかもしれない!?長嶋さんのプロ野球選手時代、面影が感じられるどころか、今と全然変わらない石原さんの幼少期、元総理大臣のおじいさまと撮ったDAIGOさんの思い出のツーショットなど、とっておきの一枚を飾って、ワイワイ盛り上がる4人のコミカルな掛け合いにご注目ください。

■ CM撮影エピソード

本番開始前からにぎやかな3人に広瀬さんもにっこり
広瀬さんの部屋へ一緒に入ってくる冒頭のシーンで、石原さんたちは、監督から「いつもの感じで」という指示を受けました。ドアの前にスタンバイしながら、「いつもの感じって?」「あぁ、元気よくってことか」「ところで、セリフなんだっけ?」「このタイミングで!? 大丈夫っすか?」などと、まだカメラが回っていないにもかかわらず、すでに騒々しい3人。本番でいきなり石原さんがセリフをかんでしまい、NGを出すと、再び「ちゃんとやろうよ」「頼みますよ~」とにぎやかな声が重なり、広瀬さんもニコニコしながら、3人のゆかいなやり取りを見守っていました。

広瀬さんとの初共演をよろこぶ長嶋さんにまさかのツッコミ!?
初顔合わせの際には、「あの番組で一緒になって以来だよね」「元気だった?」などと、再会を喜び合っていた出演者の皆さん。そんな中、「広瀬さんと今回、初共演なのでメチャクチャうれしい。娘たちに自慢したいね」と語った長嶋さんに、石原さんが「初めてじゃないじゃん。今年の正月、番組に一茂さんと俺と一緒に、すずちゃんも出てたよ」と指摘。そこから「出てない」「出た」「いつ?」と、バラエティー番組でもすっかりおなじみとなったコンビ漫才のような掛け合いが始まり、ようやくDAIGOさんが「じゃあ、CMは初共演ということで」と丸く収めると、周りのスタッフから大きな笑い声が聞こえてきました。

息ぴったりのチームワークで宣言通りの一発OK!
「この写真の飾り方いいねぇ」と、みんなで広瀬さんのWALL DECOR(ウォールデコ)を眺めるシーンでは、「これは一発OK出したいなぁ」と意気込む長嶋さんに、「頑張りましょう!」とやる気に拍車をかけたDAIGOさん。石原さんは「またかんじゃうかも」と不安を口にしましたが、本番では見事なお芝居で、宣言通りの一発OKを獲得し、現場を大いに盛り上げていました。撮影当初こそ、ややテイクを重ねたものの、時間がたつにつれて全員の息が合ってきて、途中、テストを兼ねた本番で、まさかのOKが出る場面も。これには監督も「カメラを回しておいて良かった」と、思わずつぶやいていました。

アロハサイン&ウィッシュポーズ&ピースサインがそろい踏み
ウォールデコの前で全員並んで、記念写真を撮影するシーンでは、思い思いのポーズでカメラに笑顔を向けた広瀬さんたち。その中で、特徴的だったのが男性陣の仕草です。今年だけで6回も行ったというハワイ好きの長嶋さんは「このCMが流れる頃、またハワイだから」と、親指と小指を立てたアロハサイン、DAIGOさんは人差し指、親指、小指を立てた両手を胸の前で交差させる代名詞の「ウィッシュ」ポーズ、そして、石原さんは「俺は昭和」と昔ながらのピースサインを披露し、それぞれの個性を感じさせるユニークな集合写真に仕上がりました。

ラストカットで一人だけタイミングが合わず悪戦苦闘
「ウォールデコで飾ろう~♪」と歌う広瀬さんの横で、3人も同時に口ずさみながら、首を左右に振ってリズムを取るラストカット。リハーサルの時から、「これは難しい」「どのタイミングで首を動かせばいいのか全く分からない」とすっかりお手上げ状態の石原さんと長嶋さんは、ミュージシャンでリズム感のいいDAIGOさんの指導を仰ぎました。最初の本番直後、どうやら全員の動きがそろっていないことを3人も自覚していたらしく、さっそく「誰か遅れたな」「俺はちゃんとやったよ」などと、犯人探しがスタート。結果は、先に石原さんの方がコツをつかんだようで、監督から「少し遅れてますね」と指摘されてしまった長嶋さんが、バツが悪そうな表情で「おかしいな~」と頭をかく場面がありました。

スタッフ

クリエイティブディレクター 佐々木 宏(シンガタ)
企画・コピー 福里 真一(ワンスカイ)
総合プロデューサー 玖島 裕(トレードマーク)
プロデューサー 諸星 菜緒(マザース)
プロダクションマネージャー 勝浦 千賀・服部 晃己(マザース)
ディレクター 八木 敏幸
カメラマン 國井 重人
ライトマン 藤井 稔恭
美術 高渕 勇人(サンクアール)
スタイリスト 江木 良彦・石田 節子
ヘアメイク 小西 神士・野沢 道生・キクチタダシ
ON-LINE編集 山﨑 恒太郎(PPC)
OFF-LINE編集 市川 渉
SE 中野 豊久(仕事屋)
音楽 緑川 徹(メロディー・パンチ)
MA 田岡 政文
出演 広瀬 すず
石原 良純
長嶋 一茂
DAIGO
キャスティング 増田 恵子・佐久間 健(Gambit)
海本 剛作・若穂囲 雅(電通キャスティングアンドエンタテインメント)

関連情報

大切な写真だから、色あせないプリントで残そう。

写真をキレイに残すなら、フジカラーのお店プリントにおまかせ!

広告に使われていた製品・サービスを探したい方はこちら。

スマホプリントから雑貨まで、多彩なプリント商品をネットで簡単注文!


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る