ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」が
カメラグランプリ2016「カメラ記者クラブ賞」を受賞

2016年5月20日

富士フイルム株式会社

[写真]

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)の、独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「FUJIFILM X-Pro2」(以下、「X-Pro2」)が、カメラグランプリ2016において「カメラ記者クラブ賞」を受賞いたしました。

カメラグランプリは、写真・カメラ関連誌のメカニズム担当記者の集まりであるカメラ記者クラブ(*1)が主催しており、「カメラ記者クラブ賞」はカメラ記者クラブのメンバーが選んだ、大衆性、話題性、先進性に優れた製品に対して贈られる賞です。

【X-Pro2】

「X-Pro2」は、新開発のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)により、「Xシリーズ」最高の解像力を実現したミラーレスデジタルカメラです。プロセッサーには現行モデル(*2)の4倍の処理速度を誇る「X-Processor Pro」を搭載し、従来機「FUJIFLM X-Pro1」(以下、「X-Pro1」)と比べ1.5倍の画素数にも関わらず、書き込み速度や起動時間など、あらゆるレスポンスが向上しています。

また、世界唯一の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載。光学ファインダー(OVF)と、236万ドットの高精細液晶パネルを使った電子ビューファインダー(EVF)を撮影シーンに応じて自在に切り替え可能で、さらにOVF内に小型EVFを同時表示することもできます。あらゆる撮影シーンに対応出来る万能カメラとして、発売以来世界中で高い評価を得ています。

【選考理由】

唯一無二の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」、モノクロ撮影の楽しさを再認識させてくれる新フィルムシミュレーション「ACROS」モード、クラシカルな外観などに開発陣の並々ならぬこだわりが凝縮されていること、加えて、評価の高かった従来機「X‐Pro1」のコンセプトを進化させ、質感を含めて所有欲をも高い次元で満たしてくれるカメラである点が評価され、カメラグランプリ2016「カメラ記者クラブ賞」に選出されました。

富士フイルムは今後も、ユーザーニーズをとらえた新しい製品・サービスの開発に取り組み、写真文化の発展に寄与していきます。

*1 カメラ記者クラブ加盟誌(2016年5月現在): アサヒカメラ、カメラ年鑑、カメラマン、CAPA、デジキャパ!、日本カメラ、デジカメ Watch、Phat PHOTO、風景写真、フォトコン、フォトテクニック デジタル、デジタルカメラマガジン 計12媒体

*2 「FUJIFILM X-T1」や「FUJIFILM X-T10」など。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る