ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館企画写真展

GOCHO SHIGEO
牛腸茂雄という写真家がいた。
1946-1983

開催のお知らせ

2016年7月28日

富士フイルム株式会社

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2016年10月1日(土)から12月28日(水)まで、牛腸 茂雄の作品展を開催いたします。

新しい写真表現の豊穣期であった1970年代、その一翼を担う写真家として注目を浴びながら、36歳という若さでこの世を去った牛腸 茂雄という写真家がいました。

1946年、新潟県に生まれた牛腸 茂雄は3歳で胸椎カリエスを患い、長期間にわたって下半身をギプスで固定される生活を余儀なくされたことから成長が止まり、生涯、身体的ハンディとともに生きていくことになりました。10代からデザインの分野で非凡な才能を見せた牛腸の大きな転機となったのが、高校卒業後、デザイナーを志し進学した桑沢デザイン研究所での大辻清司との出会いでした。戦後美術史に重要な足跡を残した写真家・大辻は、新しい世代の礎となる才能を数多く見出した優れた教育者でもありました。「もしこれを育てないで放って置くならば、教師の犯罪である、とさえ思った」。その回想にある言葉通りの大辻の熱心な説得は、牛腸の心を動かし本格的に写真の道を歩む決意を固めます。

レンズを通して見つめる新たな世界を獲得した牛腸 茂雄は、憑かれるように創造の世界に没頭し、カメラ雑誌などに発表した作品が次第に評判を呼び、若い世代の写真家として注目されるようになっていきました。何気ない日常で出会った子どもたち、家族、友人... 静逸で淡々とした作品の奥からこちらを見つめる被写体のまなざしは、写真を通して「自分と世界との関わり」を探求し続けた牛腸 茂雄のポートレイトでもあります。その身体的ハンディゆえに「見ること」と「見られること」、「自己」と「他者」との関係性を意識することを強いられていた牛腸が世界を見るまなざしには、常に初めて世界をみたような初々しさと深い洞察が共存しています。

本展は、<日々><幼年の「時間(とき)」><SELF AND OTHERS>などモノクロ作品のシリーズから精選した約30点により「夭折の写真家」牛腸 茂雄の足跡をたどります。近年、再評価の新たな機運が高まる牛腸 茂雄が提示する世界は、見るものそれぞれの奥に眠る記憶を呼び起こし、静かで深い感動を呼ぶものと確信します。

[写真]

<SELF AND OTHERS>より、1977年
撮影:牛腸茂雄

企画展名 FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館企画写真展
「GOCHO SHIGEO 牛腸茂雄という写真家がいた。1946-1983」
開催期間 2016年10月1日(土)~12月28日(水)
10:00~19:00(入場は18:50まで) 会期中無休
作品点数 約30点
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウェスト)
TEL 03-6271-3350
URL http://fujifilmsquare.jp/
入場料 無料
主催 富士フイルム株式会社
監修協力 三浦 和人
後援 港区教育委員会
企画 コンタクト

詳細はフジフイルム スクエア サイトへ

■プロフィール

牛腸 茂雄(ごちょう しげお)1946 ―

1946年11月2日、新潟県南蒲原郡加茂町(現・加茂市)で金物屋を営む家に次男として生まれる。3歳で胸椎カリエスを患いほぼ1年間を寝たきりで送る。10代から数々の美術展、ポスター展などに入選。1965年、新潟県立三条実業高等学校を卒業後、桑沢デザイン研究所リビングデザイン科入学、その後、リビングデザイン研究科写真専攻に進む。1968年、同校卒業。デザインの仕事と並行して写真を撮り続ける。1977年、『SELF AND OTHERS』(白亜館)を自費出版。1978年、本写真集と展覧会により日本写真協会賞新人賞受賞。1983年、体調不良のため実家に戻り静養を続けるが、6月2日、心不全のため死去。享年36歳。2004年には回顧展「牛腸 茂雄 1946-1983」(新潟市立美術館、山形美術館、三鷹市民ギャラリー)が開催され、2000年には佐藤真監督によるドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」が製作され大きな反響を呼ぶ。2013年、『こども』(白水社)、新装版『見慣れた街の中で』(山羊舎)が相次いで刊行された。

■関連イベント

1.「SELF AND OTHERS」上映会&飯沢 耕太郎氏(写真評論家)講演会

第一部 ドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」(佐藤 真監督、2000年、53分)上映
第二部 「牛腸茂雄と『SELF AND OTHERS』を巡って」飯沢 耕太郎氏(写真評論家)

<内容>
「阿賀に生きる」などの作品により、国内外で高い評価を得た佐藤 真監督(1957年-2007年)により牛腸没後の2000年に制作されたドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」は、牛腸を知る人のインタビューなどを一切排除し、牛腸茂雄の写真と撮影地をたどり、残された草稿、手紙、肉声などとのコラージュによって構成した革新的ドキュメンタリーとして、公開時、大きな評判を呼びました。
本編上映後、牛腸 茂雄の再評価の契機を作り、生前の佐藤監督とも交流のあった写真評論家の飯沢 耕太郎氏に牛腸作品についてお話しいただきます。

日時 2016年11月5日(土)13:30~15:30(開場は13:00)
会場 フジフイルム スクエア 2F 特設会場
入場料 無料
定員 150名(事前申込制)
参加申込 お電話、もしくはフジフイルム スクエア受付にて10月5日(水)10時から承ります(先着順)。
TEL:03-6271-3350(受付時間10:00~18:00)
協力 ユーロスペース

2. 本展監修協力・三浦和人氏(桑沢デザイン研究所以来の友人、本展出品作品プリンター)によるギャラリートーク
日時 2016年11月26日(土)14:00~、16:00~(各回約30分)
会場 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
入場料 無料

※事前申し込み不要

[ロゴ]FUJIFILM SQUARE

写真歴史博物館では、歴史的に価値のある写真を展示する企画展に加え、貴重なアンティークカメラコレクションや富士フイルムの歴代フィルムやカメラの数々の展示のほか、170年を越える写真文化の変遷をご覧いただける写真の歴史コーナーもあります。

[写真]

写真歴史博物館は、2016年公益社団法人企業メセナ協議会(*1)より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT2016」の認定を受けております。

*1:企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を目的に1990年に設立された、日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関。

マスコミ関係・取材のお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルム株式会社 宣伝部 担当:吉村
  • TEL 03-6271-3350  FAX 03-6271-3352
  • E-mail square@fujifilm.com
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る