ページの先頭です


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

 

中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」やスマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」など

過去最多の14製品が世界的に権威のある「iFデザイン賞」を受賞!

多様な分野の製品のデザイン力と性能が評価

2017年3月13日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」やスマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」など主要14製品が、デザイン振興のための国際的な組織「iFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)」主催の「iFデザイン賞(iF design award 2017)」を受賞したことをお知らせいたします。

なお、14製品の受賞は、当社としては過去最多となります。

「iFデザイン賞」は、1953年に設立された国際的なデザイン賞で、ドイツの「red dot design award」、アメリカの「IDEA」と並び、世界三大デザイン賞のひとつに数えられる権威ある賞です。今回受賞した製品は、デジタルカメラやプリンター、化粧品といったコンシューマー向け製品から、シネマカメラ用レンズなどの業務用製品まで多岐にわたっており、製品の外観デザインだけでなく、それぞれの製品の高い性能、使いやすさ、などの観点からも高く評価されました。

世界各国から寄せられた多くの応募の中から、多数の当社製品が「iFデザイン賞」に選ばれましたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

[ロゴ]iF design award 2017

<iFデザイン賞(iF design award 2017) 受賞製品(未発表の1製品を除く13製品)>

  • 未発表製品は新製品発表のタイミングに合わせてご案内します。

[写真]iFデザイン賞(iF design award 2017) 受賞製品(未発表の1製品を除く13製品)

受賞製品

■ 中判ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM GFX 50S」

35mmフルサイズセンサーの約1.7倍となる大型(43.8mm×32.9mm)の中判サイズセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラ。専用の交換レンズと組み合わせることで圧倒的な高画質を実現しながら、ボディは従来の35mmフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ同等サイズ。また、アダプターを装着することでアングル調整ができる電子ビューファインダー、3方向チルト式の背面液晶モニター、ホールド性の高いグリップを搭載し、ユーザーの多様な撮影スタイルに対応。純正の交換レンズ3本に加え、他社レンズが使用可能なマウントアダプターや、縦位置バッテリーグリップなどアクセサリーも充実させた。プロやハイアマチュアのあらゆるニーズに応える高画質・操作性・拡張性を提供する。

[写真]中判ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM GFX 50S」

■ ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T2」

前機種で好評を博したファインダーを中心とした「センターファインダースタイル」と小型軽量ボディを継承したミラーレスデジタルカメラ。新APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」(*1)センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)と高速画像処理エンジン「X Prosessor Pro」を搭載。AFの高精度化や撮影間隔など撮影動作の高速化により、「Xシリーズ」史上最高画質と動体撮影性能を両立。高精細な4K動画撮影やブーストモード時(縦位置グリップ装着時)の秒間11コマ撮影にも対応。シンプルな外観と薄さを実現した「Xシリーズ」初の3軸チルト液晶やピント位置を自在に選べるフォーカスレバー、大きなレンズ装着時にもホールド性の高いグリップを搭載し、操作性も大きく向上させ、「写真を撮る悦び」を提供する。

*1 X-Transは、富士フイルムの商標または登録商標です。「X-Trans™ CMOSIII」センサーは、非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T2」

■ プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM X100F」

従来より好評いただいている高品位なデザインとボディサイズを継承し、性能を大幅に向上させたプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」の第4世代モデル。新APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)と高速画像処理エンジン「X Prosessor Pro」の搭載で画質を向上。光学式と電子式を自在に切り替えられる当社独自の「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」も進化させている。さらにユーザー要望を反映して、フォーカスレバー、シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵した「ビルトインISOダイヤル」、配置を見直した背面ボタンなど操作性を一新した。

[写真]プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM X100F」

■ ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T20」

高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディに、新APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)と高速画像処理エンジン「X Prosessor Pro」を搭載したミラーレスデジタルカメラ。高速・高精度AF性能に加え、最短タイムラグ0.005秒の電子ビューファインダーと撮影の基本設定に関するドライブ・シャッタースピードダイヤルを搭載。「ダイヤルを操作しファインダーを覗いて撮る」という写真撮影の根源的な楽しさと機能美を兼ね備えている。また、イメージセンサーと画像処理エンジンの性能を進化させ画質も大幅に向上。前機種で好評だった外観デザインやダイヤル類の直感的な操作性、フルオート撮影に容易に切り替えられる「オートモード切替レバー」を継承しながらも、背面液晶のタッチパネル化で操作性をさらに向上させることで、初心者からプロカメラマンまで幅広いユーザーの使用に応えられる”小さいけれど本格派”のミラーレスデジタルカメラ。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T20」

■ ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-A3」

小型軽量ボディに、180°回転が可能な背面液晶、さまざまな人肌を美しく描写する3種類の「美肌モード」を搭載した、「自分撮り」に最適なミラーレスデジタルカメラ。アルミ金属軍艦/金属切削ダイヤルを採用し所有欲を喚起する高品位な外観に仕上げている。またダイヤルと操作ボタンを右側に集約しており、ユーザーは素早く片手で設定の調整が可能。さらに、タッチパネル機能を搭載し、タッチAF、タッチズーム、タッチショットという直感的な操作を実現する。エントリーユーザー向けに、あらゆる撮影シーンにおいて高画質を手軽に楽しめる。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-A3」

■ ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-E2S」 ※海外販売のみ

レンジファインダースタイルの「FUJIFILM X-E2」の後継機であるミラーレスデジタルカメラ。1630万画素APS-Cサイズの「X-Trans™ CMOSII」センサーと画像処理エンジン「EXR Processor II」を搭載しており、フジノンレンズとの組み合わせで、センサーサイズを超えたワンランク上の画質と高速AFを実現した。「Xシリーズ」の他機種でも好評な有機EL電子ビューファインダー、覗きながらでも迷わず操作できるダイヤル類、高剛性な金属外装を採用。さらに小型軽量かつ高品位な質感、快適な操作性に拘り、「撮る悦び」を強く感じることができるデザインを実現した。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-E2S」

■ デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR」

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズで、35mm判換算152mm-609mm相当の焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズ。小型軽量設計にクラス最高(*2)の5.0段分(*3)の手ブレ補正を搭載。さらにラバー材質のフォーカス/ズームリング、操作しやすい各種スイッチ類により、超望遠域でも手持ち撮影が可能。飛行機やモータスポーツなど動きの速い被写体の撮影で、「Xシリーズ」の高画質を楽しむことができる。また、レンズ前面へのフッ素コーティングと本体へのシーリングを施すことで防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を実現。屋外のさまざまな天候下での撮影にも対応する。

*2 望遠端が35mm判換算で400mm相当以上のズームレンズにおいて。

*3 CIPAガイドライン準拠。望遠端にて測定。

[写真]デジタルカメラ「Xシリース」用交換レンズ 「フジノンレンズ XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR」

■ ハイエンド多機能外部フラッシュ 「クリップオンフラッシュ EF-X500」

デジタルカメラ「Xシリーズ」用アクセサリーで、プロやハイアマチュア向けの多機能外部フラッシュ。高速シャッタースピードでフラッシュ撮影を行う際に必要な「FP発光(ハイスピードシンクロ)」、複数のフラッシュを同調させて撮影する際に必要な「ワイヤレス多灯TTLオート発光」などの撮影機能に対応し、撮影フィールドを拡大する防塵・防滴のタフネス性能を搭載している。さらに「Xシリーズ」のボディとマッチする小型軽量かつ低重心デザインにより、カメラシステムとしての機動性と一体感を追求している。また、「Xシリーズ」と連動したさまざまな機能設定が可能で、より多くの撮影シーンに対応している。

[写真]ハイエンド多機能外部フラッシュ 「クリップオンフラッシュ EF-X500」

■ シネマカメラ用ズームレンズ 「FUJINON XK6×20」

デジタルシネマカメラに対応する高い光学性能を持ちながら、焦点距離20mmから120mmの幅広い領域をカバーするズームレンズ。広角から望遠までズーム全域でT3.5(*4)の明るさを実現。シネマカメラ特有の高画質かつ浅い被写界深度のボケ味を活かした4Kを超える映像撮影が可能である。幅広い焦点距離を1本でカバーすることで、ユーザーはレンズ交換・調整の手間がなく快適な運用ができる。CMやドキュメンタリー、ドラマなどの撮影を中心に、効率的で高品質な動画撮影を実現している。

*4 T(Tナンバー)は、F値と透過率を考慮して表したレンズの明るさを示す指標。数値が小さいほど明るいレンズであることを表す。

[写真]シネマカメラ用ズームレンズ 「FUJINON XK6×20」

■ 放送用ワイドズームレンズ 「FUJINON UA13x4.5」

4Kを超える解像力と高コントラスト、高ダイナミックレンジを実現したポータブルタイプの放送用ワイドズームレンズ。焦点距離4.5mmの超広角撮影と最短撮影距離0.3mに対応している。超高精度大口径非球面レンズの採用により、超広角で生じやすい画像の歪みや周辺解像力の低下を極限まで抑制。またズーム全域での高解像度撮影を可能にした。風景やスポーツ撮影などにおいて、臨場感溢れる超広角撮影や被写体に接近した映像を最高画質で撮影したいというニーズに対応している。さらに望遠側は、焦点距離59mmまでをカバーしており、屋内外での番組制作、報道などの多彩なシーンでも対応する。

[写真]放送用ワイドズームレンズ 「FUJINON UA13x4.5」

■ 4Kカメラ対応放送用ズームレンズ 「FUJINON UA80x9 1.2x EXT」

最先端の光学シミュレーション技術を駆使し、80倍ズームと、解像度やコントラストが高く色再現性にも優れる高度な光学性能を両立した「FUJINON UA80×9」に1.2倍エクステンダーを内蔵した高倍率ズームレンズ。エクステンダーを使用することで、焦点距離は、広角10.8mmから望遠864mmまでをカバーする。さらに、独自の「光学式防振機構」により、足場の揺れによる画面上の像ブレを補正し、スポーツ中継やコンサート・ライブ中継などの撮影時でも安定した映像を実現。4Kを超える解像力で臨場感溢れる映像制作を可能にする。

[写真]4Kカメラ対応放送用ズームレンズ 「FUJINON UA80x9 1.2x EXT」

■ スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ” 「instax SHARE SP-2」

スマートフォンで撮影した画像を専用アプリを通じていつでもどこでもチェキフィルムに出力できるポータブルなプリンター。新開発の有機EL露光ヘッドの採用により、解像度とコントラストを高め“高画質プリント”を実現している。また専用アプリを通じて、さまざまな画像処理やテンプレートによる加工編集が行えるほか、SNSでそれらの画像をアップロードできるなど、デジタル時代ならではのインスタント写真のあり方を提案するプロダクト。洗練された高品位なデザインで男女問わずさまざまな生活シーンで活用できる。

[写真]スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ” 「instax SHARE SP-2」

■ 美白美容液 「アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト」

シミや肌のくすみなどの肌悩みを持つ女性に向けた美白スキンケアシリーズ「ASTALIFT WHITE(アスタリフト ホワイト)」の美白美容液。美白有効成分と、独自技術によりナノ分散した複数の美容成分を配合している。多面カットを施した外容器と、シルバーと赤の内容器を組み合わせることで、「光を跳ね返し、内から輝く肌」をイメージさせる高品位なデザインを実現。美容への期待と、使用することへの喜びを感じていただける外観を追求した。また、中身に触れることなく簡単に交換できる衛生的なカートリッジタイプのレフィル容器を採用。環境に配慮しつつ、交換時にデリケートな配合成分を劣化から守り高い品質を維持する。

[写真]美白美容液 「アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る