ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

4畳(じょう)サイズ(3.2m×2.4m)の超大判プリントも登場!

圧倒的な高画質を誇る
大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ
「FUJIFILM GFX 50S」のTVCM放映のご案内

- 4月29日(土・祝)より放映開始 -

2017年4月26日

富士フイルム株式会社

[写真]GFX 50S「異次元の高画質 織作峰子」篇(30秒)

[写真]GFX 50S「異次元の高画質 織作峰子」篇(30秒)

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、当社として初となる大型センサー(43.8×32.9mm)搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)のTVCMを4月29日(土・祝)より放映いたします。

「GFX 50S」は、有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」、富士フイルムが80年以上にわたり蓄積した色再現技術、世界中の写真家から長年高い評価と信頼を得てきた「フジノンレンズ」の設計思想を忠実に引き継いだ交換レンズ「GFレンズ」との組み合わせで、富士フイルム史上最高画質を実現するハイエンドミラーレスデジタルカメラです。

今回のCMでは、写真家の織作峰子さんが登場。織作さんが実際に「GFX 50S」を使用してニュージーランドで撮影した作品とともに、その圧倒的な描写力を彼女自身の言葉で語るシーンが印象的です。ぜひご注目ください。

■ CMストーリー

黒バックにドラマチックな光。「GFX 50S」が圧倒的な存在感を持って登場します。そこに写真の新しい時代を予感させる「大型センサー 卓越した解像力」と「中判ミラーレス 超軽量・超小型」の文字。織作峰子さんがカメラを構え、ファインダーを覗くと、シャッター音とともに彼女が実際に「GFX 50S」で撮影した作品が次々と映し出されます。そのうちの1枚、ルピナスの花が一面に咲き誇る色あざやかな作品を前に、織作さんがこのカメラの圧倒的な描写力をご自身の言葉で語ります。ラストは堂々たる「GFレンズ」シリーズと、商品カットで締めくくり、異次元の高画質へといざなう「GFX 50S」の誕生を告げます。

■ 撮影エピソード

織作峰子さんがご自身の作品を前に語るシーン。実はその作品は畳4畳分のサイズに匹敵する3.2m×2.4mという超大判出力でプリントした実際の写真です。3.2m×2.4mのサイズに引き伸ばしてプリントしても、まだ余裕を感じさせる「GFX 50S」で撮影された超高解像度の写真に、スタッフも驚嘆。

カメラやレンズのカットも、「GFX 50S」の“本格感”を表現すべく、CGではなくすべて実写。ライティングにもこだわり、ムービングライトなどのテクニックも駆使し、「GFX 50S」の優れた質感を表現しました。

■ CM概要

タイトル : GFX 50S 異次元の高画質 織作峰子 篇 30秒

放映開始日 : 平成29年4月29日(土・祝)

放送地域 : 全国

■ 「GFX 50S」の主な製品特徴

(1) 中判サイズ(43.8×32.9mm)の大型CMOSセンサー(「Gフォーマット」センサー)と、80年以上の歴史を持つ富士フイルムの色再現技術の融合が生み出す世界最高峰の写真画質。
(2) 大型「Gフォーマット」センサーの性能を引き出す、大口径「Gマウント」と超高画質「GFレンズ」を新開発。ボディ、マウント、レンズを同時開発した、最高画質を実現するカメラシステム。
(3) マグネシウム合金製の小型軽量・高剛性ボディなどにより、中判デジタルカメラの常識を覆す機動性を実現した、世界初の「フォーカルプレーンシャッター搭載中判ミラーレスデジタルカメラ」
(4) 着脱式の超高精細369万ドットEVF、3方向チルト方式を採用した236万ドット静電式タッチパネル背面液晶モニターで、撮影の利便性が大幅に向上。
(5) 「Xシリーズ」の特長である、直感的にカメラの設定を操作・確認できるダイヤル中心の操作系と、所有する喜びが強く感じられる「カメラらしい」デザインを継承。

■ 写真家 織作 峰子さん プロフィール

[写真]

1982年ミス・ユニバース日本代表選出後に大竹省二写真スタジオ入門。
2000年ウォーターフォードウエッジウッドライフスタイルアウォード受賞。
2007年“Galerie Baudo in Lebon”“Galerie DOWNTOWN”(フランス・パリ)にて展覧会を同時期開催。
2009年日本ハンガリー国交樹立140周年記念特別招待作家としてブタペスト写真博物館にて展覧会開催。同年、金沢21世紀美術館にて展覧会開催。
2015年軽井沢ニューアートミュージアムにて展覧会「SAKURA」を開催。
2017年愛媛県立美術館、福井市美術館にてウィリアムモリス写真展を開催。
世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続け、日本全国や世界各地で写真展を多数開催。
 公益社団法人日本広告写真家協会 理事
 日本写真芸術学会評議員
 大阪芸術大学写真学科 学科長
 大阪芸術大学通信教育部長


【スタッフリスト】

クリエイティブディレクター 上田 剛司
クリエイティブディレクター 竹井 英雅
コピー 高橋 尚睦
アートディレクター 関川 卓也
プロデューサー 山中 康寛
プロダクションマネージャー 矢野 善裕
ディレクター 服取 信久
カメラマン 神戸 千木
ライトマン 中村 裕樹
美術 橋本 昌和
スタイリスト 杉本 学子
ヘアメイク 本名 和美
OFF-LINE編集 菊池 梓
ON-LINE編集 山下 武志/山崎 恒太郎
音楽 秦 陽子
MA 川村 知嗣

[ストーリーボード]GFX 50S「異次元の高画質 織作峰子」篇(30秒)

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • TVCMに関するお問い合わせ
    富士フイルム株式会社 宣伝部 礒山・村田
  • TEL 03-6271-2031
  • 製品に関するお問い合わせ
    お客さま 富士フイルムFinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る