ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

富士フイルム 「シネマ用ズームレンズの開発」で
米国テレビ芸術科学アカデミーより「2017年 エミー賞」を受賞

2017年10月2日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、米国テレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences : ATAS)より、「シネマ用ズームレンズの開発」で、「2017年 エミー賞」を受賞しました。

「エミー賞」は、1948年に「米国テレビ芸術科学アカデミー」によって設立されたものであり、放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体、個人に対して授与される、業界で最も権威のある賞です。今回の受賞は、圧倒的な描写力を実現するシネマ用ズームレンズの開発に対して、高度な光学技術が世界中の映画・テレビ番組・CM制作などの現場で認められ、高画質化や映像表現の進化に貢献してきた功績が高く評価されたものです。

富士フイルムのエミー賞の受賞は、1982年の「映画用フジカラーネガフィルムA250の開発」、1990年の「メタルテープ技術の開発」、1996年の「CCD化に対応したレンズの開発」、2005年の「ハイビジョン化に対応した高性能レンズ」、2009年の「放送用レンズの世界初オートフォーカスシステム『プレシジョン・フォーカス』」に続き、今回で6度目となります。

富士フイルムは、長年培ってきた高度な光学技術や精密加工・組立技術を活用して、シネマ用レンズや放送用レンズ、ミラーレスデジタルカメラ用交換レンズなど、高画質・高品質なフジノンレンズを幅広く提供しています。これからも、独自の技術により最先端の新製品を開発・提供し、多様なニーズにこたえていきます。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 光学・電子映像事業部 営業グループ
  • TEL 048-668-2143
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る