ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

低線量で高鮮鋭・高コントラストなX線動画を実現する新処理エンジンを搭載

外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION(コアビジョン) 3D」

手術中に3D画像を確認でき、より正確な手技をサポート

新開発

2018年4月9日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、新X線動画処理エンジン「Dynamic Core Engine(ダイナミックコアエンジン)」により、低線量で高鮮鋭かつ高コントラストなX線動画像を実現する、外科用Cアーム型デジタル透視システム(以下、外科用Cアーム)「COREVISION(コアビジョン) 3D」を新たに開発しました。「COREVISION 3D」は、2D動画だけでなく、術中に対象部位を180°相当スキャンして3D画像を描出することで、医師の正確な手技をサポートします。

なお、「COREVISION 3D」を4月13日から15日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」に出展いたします。

整形外科手術や血管外科での血管内カテーテル治療(*1)は、外科用Cアームを用いて、患部の状態をX線透視しながら行われます。そのため、外科用Cアームで得られるX線動画像は、体内に挿入した処置具の位置や患部の様子が把握できるよう、高鮮鋭であることが求められます。また、近年被ばくへの関心が高まっており、長時間のX線透視を行う治療や手術においては、X線動画撮影時のさらなる低線量化が求められています。

当社は、2017年4月に長年X線静止画像で培ってきた画像技術を応用し、ノイズを抑えた高鮮鋭なX線動画像を表示することができるX線動画技術を開発しました。本技術は、動画を構成する一枚一枚の静止画(フレーム)(*2)にノイズ低減処理を施し、さらに患者の体が動いた領域に合わせて前後のフレームを重ねることで鮮鋭度の低下を抑制します。この画像処理は高速に行われるため、1秒あたりのフレーム数が多い場合であっても、実際の動きと動画上の動きのタイムラグを抑えて、処置具や患部などの対象物を鮮明に描出する高鮮鋭なX線動画を得ることができます。

今回開発した外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION 3D」は、当社のX線動画技術と、X線動画全体のコントラストを最適化する画像処理技術「Dynamic Visualization(ダイナミックビジュアリゼーション)2」で構成されるX線動画処理エンジン「ダイナミックコアエンジン」を搭載しています。これにより、対象部位のX線吸収量の違いにより発生する白つぶれや黒つぶれの抑制などの画像処理を高速に行い、高鮮鋭かつ高コントラストなX線動画像を提供します。さらに、対象部位を180°相当スキャンして、3D画像を描出できるため、脊椎の圧迫骨折による椎体(*3)間固定術や膝などの人工関節置換術において、体内に挿入したインプラントやスクリュー、固定プレートの位置など、2D動画では見えにくいものをさまざまな角度から確認することができます。

「COREVISION 3D」は、FPD(X線画像平面検出器)(*4)に、X線エネルギーの変換効率を高める当社独自のISS方式(*5)を採用しており、「ダイナミックコアエンジン」と組み合わせることで、同エンジンを使わない場合と比べて、約半分のX線量(*6)でも、同等の画像を実現します。


[写真]

なお、今回、「COREVISION 3D」のほかに、「ダイナミックコアエンジン」を搭載した外科用Cアームとして、スタンダードモデルの「COREVISION LD」、モニター一体型で省スペースを実現した「COREVISION SD」も開発しました。

富士フイルムは、医療現場で急速に高まるX線画像の高画質化や低被ばく化のニーズに、先進の技術をもって取り組んできました。今後は、X線動画の分野においても、当社技術を活かし、さらなる医療の質の向上に貢献していきます。


*1 狭心症や心筋梗塞等、心臓の冠動脈が詰まったり狭くなったりした疾患に対する治療法の一つ。足の付け根、手首、ひじなどにある動脈から、カテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、狭くなった血管を広げる。

*2 動画像を構成する静止画像の1コマを指す。

*3 脊椎(背骨)は、椎骨と呼ばれる複数の骨が連結して構成される。椎体は、椎骨のうち腹部側にある楕円形に近い形をした部分。

*4 Flat Panel Detectorの略。被写体を通過して照射されるX線エネルギーを検出し、電気信号に変換する、画像平面検出器のこと。

*5 Irradiation Side Samplingの略。センサー(TFTパネル)を、X 線照射面側に配置する方式(下図参照)。従来方式のFPDに比べ、より減衰が少ない段階のX線エネルギーを光信号に変換でき、X線エネルギーの変換効率を高めることができる。

*6 体幹(胸部・腹部・骨盤の部位)の術式において。

<一般的な間接変換型FPD(左)と、ISS方式のFPD(右)の比較>

[写真]

1. 品名
COREVISION 3D
(販売名:X線透視診断装置 CoreVision 3D/認証番号:第230ABBZX00033000号)
2. 発売時期
2018年6月頃を予定
3. 主な特長
(1)新X線動画処理エンジン「ダイナミックコアエンジン」により、高鮮鋭かつ高コントラストなX線動画像を提供
  • 動画像を構成する一枚一枚のフレームにノイズ低減処理を施し、さらに患者の体の動きを高精度に検出して前後のフレームを重ね合わせることで、ノイズを低減しながらも処置具や患部の対象物を鮮明に描出します。
  • 対象部位のX線吸収量の違いにより発生する白つぶれや黒つぶれを抑制し、バランスの良いコントラストを実現します。
  • 画像処理が高速に行われるため、最大25フレーム/秒の高フレームレートでも、実際の動きと動画上の動きのタイムラグを抑えて、X線動画を鮮明に描出します。
  • 対象部位を180°相当スキャンして、術中に3D画像を描出し、体内に挿入したインプラントやスクリュー、固定プレートの位置など2D動画では見えにくいものをさまざまな角度から確認することができます。
(2)当社ISS方式を採用した、X線エネルギーの検出効率が高いFPDを搭載
  • デジタルX線画像診断で多くの実績と高い評価を得ている、当社独自のISS方式を採用したFPDを搭載。「ダイナミックコアエンジン」と組み合わせることで、同エンジンを使わない場合と比べて、約半分のX線量でも同等の画像を提供します。
  • 本FPDは、外科用Cアームでは最大級の31cmx31cmで、椎体など観察対象が広範囲の治療にも最適です。また、高精細な150μm画素サイズを採用することで、細いカテーテルなどの視認性を向上させています。

【COREVISION LDとCOREVISION SDについて】

1. 品名
  • COREVISION LD
    (販売名:X線透視診断装置 CoreVision LD/認証番号:第230ABBZX00037000号)
  • COREVISION SD
    (販売名:X線透視診断装置 CoreVision SD/認証番号:第230ABBZX00038000号)
2. 発売時期
2018年6月頃を予定
3. 主な特長
<両機種共通(COREVISION 3Dにも搭載)>
新X線動画処理エンジン「ダイナミックコアエンジン」により、高鮮鋭かつ高コントラストなX線動画像を提供
  • 動画像を構成する一枚一枚のフレームにノイズ低減処理を施し、さらに患者の体の動きを高精度に検出して前後のフレームを重ね合わせることで、ノイズを低減しながらも処置具や患部の対象物を鮮明に描出します。
  • 対象部位のX線吸収量の違いにより発生する白つぶれや黒つぶれを抑制し、バランスの良いコントラストを実現します。
  • 画像処理が高速に行われるため、最大25フレーム/秒の高フレームレートでも、実際の動きと動画上の動きのタイムラグを抑えて、X線動画を鮮明に描出します。
<COREVISION LDのみ(COREVISION 3Dにも搭載)>
(1)当社独自のISS方式を採用した、X線エネルギーの検出効率が高いFPDを搭載。「ダイナミックコアエンジン」と組み合わせることで、同エンジンを使わない場合と比べて、約半分のX線量でも同等の画像を提供します。本FPDは、外科用Cアームでは最大級の31cmx31cmで、椎体など観察対象が広範囲の治療にも最適です。
(2)25kWの大容量出力が可能。長時間撮影を可能にする、X線発生器の冷却機構「Advanced Active Cooling(アドバンストアクティブクーリング)」(*7)を搭載し、さまざまな手術に対応できるスタンダードモデル。

*7 X線発生器の放熱のために、装置内部に搭載された水冷方式による冷却機構。

<COREVISION SDのみ>
(1)モニター一体型のオールインワンデザインで、省スペース化を実現。
(2)20.5cm×20.5cmのCMOSフラットパネルディテクター搭載。ノイズや歪みが少ない高解像画像を描出。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 営業本部 マーケティング部
  • TEL 03-6419-8033
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る