ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

高い挿入性と処置性能の向上により、内視鏡治療の時間短縮に貢献

十二指腸用処置スコープ「ED-580T」

手元の力をスコープ先端まで効率よく伝え、医師の手技をサポート

新発売

2018年5月10日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、キセノン光源搭載の内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」用スコープのラインアップとして、高い挿入性と処置性能の向上により、胆膵疾患において効率的な内視鏡治療を実現する十二指腸用処置スコープ「ED-580T」を、6月26日より富士フイルムメディカル株式会社(社長:新延 晶雄)を通じて発売いたします。本製品は、処置具のスムーズな交換を実現する機構などを搭載しており、医師の効率的な手技をサポートします。

なお、本製品を本日から5月12日までグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)で開催される「第95回 日本消化器内視鏡学会総会」に出展いたします。

近年、胆管、胆のうや膵管などに発生する胆膵疾患の治療において、患者の身体的負担が少ない、低侵襲な内視鏡の使用が増えています。胆膵疾患の内視鏡診断・治療は、消化管の中でもスコープを到達させることが難しい部位の1つである十二指腸を経由して行われます。口から入れたスコープが十二指腸まで到達したら、胆管・膵管の入口である乳頭部に、処置具の挿入を補助する「ガイドワイヤー」(*1)が中に入った管(カニューラ)(*2)を挿入します。乳頭部は非常に小さく、個体差があるため、カニューラを挿入するには、医師の繊細な手技が求められます。

今回発売する十二指腸用処置スコープ「ED-580T」は、スコープ先端の軟性部に弾発性(*3)が高い素材を採用した「高追従挿入部」を搭載することで、医師がスコープの向きを変えるために操作部をねじる際、手元の力を先端まで効率良く伝えます。

内視鏡を用いた処置は、複数種の処置具を使い分けて行われ、特に、胆膵疾患の処置では、ガイドワイヤーを起立台で押さえて、それに沿わせて処置具の交換を繰り返し行います。本製品は、処置具の角度を調整する起立台の形状・長さ・可動範囲と、スコープ内で処置具などが通る「鉗子チューブ」の素材を見直すことで、処置具のスムーズな出し入れや交換を実現しています。また、起立台を最大起立位置にすると、ガイドワイヤーが押さえられ、簡単に処置具を交換することができるため、治療時間の短縮が期待できます。

[写真]

本製品の先端には、起立台があり、複雑な構造をしていますが、スコープ先端に着脱式のキャップを採用し、ブラッシングしやすい仕様にすることで、洗浄性を向上させました。

富士フイルムは、今後も独自技術を生かし、医療現場のニーズにこたえる幅広い製品・サービスの提供を通じて、さらなる診断の効率化と医療の質の向上、人々の健康の維持増進に貢献していきます。

*1 胆管・膵管・消化管、そのほかの管腔(管状の構造を有する臓器)用の手技において、カテーテル、チューブ等の位置調整および移動を補助するために、一時的に使用する。

*2 胆のう、胆管、膵管等に挿入し、薬液の注入や処置具の挿入などに用いる管。

*3 挿入部を曲げた際に、挿入部が元の位置に戻ろうとする力。

1. 品名
販売名: 電子内視鏡 ED-580T
認証番号: 230AABZX00019000
2. 発売日
2018年6月26日
3. 特長
(1)「高追従挿入部」の搭載により、体内への挿入性が向上
スコープの軟性部に、高い弾発性を持つ素材を採用し、体内への挿入性が向上しました。医師がスコープの向きを変えるために、操作部をねじる際に、手元の力を先端まで効率良く伝えます。
(2)処置具のスムーズな交換を実現する機構などを搭載し、処置性能を向上
処置具の角度を調整する起立台の形状・長さ・可動範囲と、スコープ内で処置具などが通る「鉗子チューブ」の素材を見直すことで、処置具のスムーズな出し入れや交換を実現します。また、起立台を最大起立位置にすると、ガイドワイヤーが押さえられ、簡単に処置具を交換することができ、検査時間の短縮が期待できます。
(3)洗浄性の向上
本製品の先端は、起立台がある複雑な構造をしていますが、スコープ先端に着脱式のキャップを採用し、ブラッシングしやすい仕様にしました。
4. 主な仕様
視野方向 105°(後方斜視15°)
視野角 100°
観察範囲 4~60mm
先端部外径 13.1mm
軟性部外径 11.3mm
湾曲角 UP:120°/DOWN:90°/LEFT:90°/RIGHT:110°
有効長 1250mm
全長 1550mm
鉗子口最小径 4.2mm

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 営業本部 マーケティング部
  • TEL 03-6419-8033
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る