ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

大人気のスクエアフォーマットに対応したラインアップを拡充!
多彩な機能とスタイリッシュなデザインで日常の撮影を楽しめる

インスタントカメラ“チェキ”「instax SQUARE(インスタックス スクエア) SQ6」

スタイリッシュな黒の単色フレーム ソリッドカラースクエアフィルム「BLACK」も新登場

新発売

2018年5月15日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、撮ったその場ですぐにプリントが楽しめるインスタントカメラinstax(インスタックス)シリーズの新たなラインアップとして、スクエアフォーマットのフィルムに対応した「instax SQUARE SQ6」(以下「SQ6」)を2018年5月25日より発売いたします。多彩な撮影機能の搭載や、シーンを選ばずファッション感覚で持ち歩けるシンプル・スタイリッシュなデザインにより、大切な瞬間を逃さずスクエアフォーマットのプリントにしてお楽しみいただけます。

また、黒フレームのソリッドカラースクエアフィルム「BLACK(ブラック)」も同日発売いたします。写真が引き締まって見え、鮮やかさやコントラストを強調するのに最適な黒フレームをラインアップに追加することで、スクエアフォーマットでの撮影をさらに楽しんでいただけます。

[写真]

今回発売する「SQ6」は、さまざまな撮影シーンに適した多彩な撮影機能を搭載しています。シャッターボタンを押すだけでカメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整するため、暗い室内でも被写体と背景を明るくきれいに撮影できます。自分撮りを行う際には、撮影モードを「セルフィーモード」にするだけで、自分撮りに最適なピントと明るさに調整されます。レンズ横に配置したセルフショットミラーで、撮影範囲を確認しながら自分撮りができるほか、本体底面に設けた三脚穴やセルフタイマー機能を使用して、集合写真なども撮影できます。さらに、シャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる「二重露光モード」や、最短30cmまでの近距離撮影が可能な「マクロモード」、風景スナップに適した「遠景モード」など、充実した撮影機能を搭載し、あらゆるシーンでお使いいただけます。また、フラッシュ部分に取り付けて撮影するとフラッシュの色を変えられる「フラッシュカラーフィルター3色(オレンジ/パープル/グリーン)」を同梱。被写体に色を付けたような独特な風合いの写真をお楽しみいただけます。

カメラ本体は、シンプルでスタイリッシュなデザインを採用。カラーバリエーションは、どんなスタイルにもなじみやすいパールホワイト、上品な印象を与えるブラッシュゴールド、落ち着いた雰囲気のグラファイトグレイの3色をご用意しました。レンズ周りのリング部分は、それぞれの本体色に合わせたメタリック仕上げにより高級感を持たせ、ボディ表面に施した斜めのローレット(*1)は、持ちやすさだけでなくデザインのポイントにもなっています。男女問わず、どのようなスタイルにも合わせやすく、ファッション感覚で持ち歩いていただけます。

<スクエアフォーマットについて>
①カードサイズのinstax miniフィルムに比べ撮影範囲が広く、被写体の背景やその場の雰囲気も含めて表現可能。
②縦横比1:1のスクエアフォーマットを活かして構図を工夫することで、より印象的な写真の撮影ができる。

当社は、昨年、スクエアフォーマットのフィルム「instax SQUARE Film」と、それに対応した画像の加工・編集機能を搭載したハイブリッドインスタントカメラを発売。スクエアフォーマットに対応したカメラのラインアップ拡充が求められていました。

「instax」シリーズは1998年の発売以来、“チェキ”の愛称で親しまれている日本をはじめ全世界で累計出荷台数3000万台を超え、若年層を中心に世界中で多くの方にご利用いただいています。当社は今後も、“撮ったその場で、すぐにプリントが楽しめる”インスタントフォトシステム「instax」の世界を広げて参ります。

*1 細かい凹凸状の加工のこと。

[ロゴ]

1. 製品名
(1)インスタントカメラ “チェキ”「instax SQUARE SQ6」
パールホワイト/ブラッシュゴールド/グラファイトグレイ(3色で展開)
(2)スクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」 BLACK
2. 発売日
2018年5月25日(金)
3. 価格
オープン価格
4. 主な特長
(1)「instax SQUARE SQ6」
①シンプル・スタイリッシュなデザイン
シンプルでスタイリッシュなデザインを採用。男女問わず自分の好みに合ったデザインのカメラを、ファッション感覚で持ち歩いていただけます。
②多彩な撮影機能を搭載
  • オートモード(標準)
    シャッターボタンを押すだけで、カメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整する自動露光調整機能を搭載。暗い室内でも被写体と背景を明るくきれいに撮影できます。
  • セルフィーモード
    自分撮りに最適なピントと明るさに調整されます。

[写真]

  • 露出調整
    明るめ/暗めに調整ができます。
  • マクロモード
    最短30cmまでの近距離撮影が可能です。
  • 遠景モード
    2m~∞までの遠距離撮影が可能です。

[写真]

  • 二重露光モード
    シャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができます。
  • セルフタイマー
    セルフタイマー機能を使用して、集合写真などが撮影可能です。
  • フラッシュオフ
    フラッシュをオフにすることで、自然光を活かした撮影が可能です。

[写真]

③フラッシュカラーフィルター(3色)を同梱(オレンジ/パープル/グリーン)

フラッシュ部分に取り付けて撮影することで、被写体に色をつけたような独特な風合いの写真をお楽しみいただけます。

[写真]

(2)「instax SQUARE Film」 BLACK
①スクエアフォーマットに対応したすべての「instax SQUARE」シリーズで使用可能なフィルム。
②フレーム部分が単色無地のブラックで、写真をより引き立たせたプリントが得られます。
③1パック10枚入り。
5. 主な仕様

(1)「instax SQUARE SQ6」

使用フィルム 富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE(別売)
レンズ 沈胴式フジノンレンズ 2群2枚構成 f = 65.75mm 1:12.6
ファインダー 逆ガリレオ式ファインダー 0.4倍 ターゲットマーク付き
撮影距離 電動3点切り替え式(0.3m~0.5m/0.5m~2m/2m~∞)
マクロモード(0.3m~0.5m)、標準モード(0.5m~2m) 遠景モード(2m~∞)
シャッター プログラム式電子シャッター 1.6秒~1/400秒
露光調整 自動調節 連動範囲:LV5.0~15.5(ISO800) 露光補正:±2/3EV
フィルム送り出し 電動式
フィルム現像時間 約90秒(時間は気温によって変動します)
フラッシュ マクロモード時:低輝度自動発光オートフラッシュ(自動調光)
マクロモード時以外:常時発光
充電時間:0.2秒~7秒(新品電池使用時)、フラッシュ充電中表示、
フラッシュ撮影距離:0.3m~2.7m
セルフタイマー 電子式 作動時間:約10秒 途中解除可能
LED表示 撮影モード(オート、セルフィー、マクロ、遠景、二重露光)、濃淡コントロール、
フラッシュ発光禁止、セルフタイマーモード
電源 リチウム電池(CR2) 2本 撮影可能枚数:約300枚
その他 フィルムパック確認窓 三脚ねじ穴(三脚は別売り)
大きさ・質量(重さ) 118.7mm×128.1mm×58.1mm(突起部除く) 393g(電池、ストラップ、フィルム別)
付属品 リチウム電池(CR2) 2本、ショルダーストラップ、フラッシュフィルター 3個

* 上記の仕様は、性能向上のため変更する場合があります。

(2)「instax SQUARE Film」 BLACK

画面サイズ 62mm×62mm(タテ×ヨコ)
フィルムサイズ 86mm×72mm(タテ×ヨコ)

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る