ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

ますます伸長するミラーレスデジタルカメラの需要増に対応

交換レンズの生産能力を大幅増強

2020年に現状比約7割増

2018年7月20日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、ますます伸長するミラーレスデジタルカメラの需要増に対応するため、交換レンズの生産能力を大幅増強します。カメラ・レンズの国内生産会社である富士フイルムオプティクス株式会社(以下、FFOP)の大和工場に、交換レンズの生産設備を増設し、2018年9月より順次稼働させる計画です。これにより、大和工場の生産能力は、フル稼働となる2020年に現状比約7割増となります。

富士フイルムは、2012年にミラーレスデジタルカメラ市場に参入しました。機動性に優れたAPS-Cサイズセンサー搭載のミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」のラインアップを拡大するとともに、2017年3月には35mmフルサイズの約1.7倍の面積を持つ大型センサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S(以下、GFX 50S)」を発売。独自の色再現などによる高画質、高品位なデザイン、優れた操作性などで、プロ写真家や写真愛好家から高い評価をいただいています。また、放送・シネマ業界で幅広く採用されている「FUJINON レンズ」の光学技術などを活かして、優れた描写力を持つ交換レンズの開発に取り組んできました。現在、交換レンズは、「Xシリーズ」「GFXシリーズ」合わせて36本のラインアップに拡大し、その販売も年率2割以上のペースで伸長しています。

今回、富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラの需要増への対応、「Xシリーズ」および「GFXシリーズ」用の交換レンズのさらなる拡販に向けて、FFOPの大和工場の生産能力を大幅に増強します。最先端のクリーン分析機器を設置した大規模クリーンルームを増設。さらに、AIを活用して光学調整精度などを向上させる最新鋭設備も導入していきます。これにより、交換レンズの高品質・高効率生産が可能となります。特に高い解像性能が要求される超広角レンズや大口径レンズでも高い生産性を実現していきます。なお、今回の設備増強を通じて、フル稼動となる2020年には大和工場の生産能力を現状比約7割増に引き上げる計画です。

今後、大和工場では、最新鋭設備と熟練工の生産技術を組み合わせて、「GFX 50S」の高い解像力を引き出す「GFレンズ」のみならず、「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」のラインアップとして本日発表した、開放F値2.8・焦点距離12-24mm相当(*1)の超広角ズームレンズや開放F値2.0・焦点距離305mm相当(*1)の大口径望遠レンズなど、製造難易度が高い交換レンズなどの生産を行っていきます。そして、大和工場で生産した「Made in Japan」品質の交換レンズをワールドワイドに提供していきます。

富士フイルムは、最先端の映像表現の領域で長年培ってきた画像処理技術や光学技術、精密加工・組立技術などを活かし、ミラーレスデジタルカメラや交換レンズのラインアップをさらに拡充することで、「Xシリーズ」「GFXシリーズ」で撮影する魅力をより一層広げていきます。

*1 35mm判換算

<設備投資の概要>

場所 富士フイルムオプティクス株式会社 大和工場
住所 宮城県黒川郡大和町松坂平1-6
設備 クリーンルーム、自動組立機、AIを活用した光学調整機器など
生産品目 ミラーレスデジタルカメラ用交換レンズ
稼働時期 2018年9月より順次稼働

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
  • http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る