ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

35mmフルサイズの約1.7倍の大型センサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」
レンジファインダースタイルのデザインで、775g(*1)の小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現したモデルが登場!

「FUJIFILM GFX 50R」

5140万画素のセンサーなどにより、超高画質を実現し、スナップやポートレート撮影などに最適

新発売

2018年9月25日
2018年10月30日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mmフルサイズイメージセンサー(*2)の約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8x32.9mm)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」の最新モデルとして、レンジファインダースタイルの「FUJIFILM GFX 50R」(以下、「GFX 50R」)を、2018年11月29日(木)に発売します。

「GFX 50R」は、5140万画素の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサー(以下、「Gフォーマット」センサー)や高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」、80年以上にわたり蓄積した色再現技術を搭載し、超高解像を可能にする「フジノンGFレンズ」との組み合わせで、超高画質を生み出します。さらに、最薄部46mm・質量775g(*1)の小型軽量ボディとシンプルな操作性により、軽快なスタイルでの撮影が可能。スナップやドキュメンタリーフォト、ポートレート分野の撮影に最適です。

富士フイルムは、「GFXシリーズ」の第一弾として、小型軽量ボディで超高画質を実現する、センターファインダースタイルの「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)を2017年2月に発売し、プロ写真家やハイアマチュアを中心に、画質や機動性で高い評価を得てきました。今回、超高画質をそのままに、往年のレンジファインダースタイルのフィルムカメラのような、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現したカメラへのニーズにこたえるため、新たに「GFX 50R」を開発しました。

[写真]中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50R」

<「GFX 50R」の主な特長>

1. 中判サイズの5140万画素「Gフォーマット」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」などにより、超高画質を実現
  • 35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、一画素あたりの受光能力に優れ、約1.7倍の面積を持つ中判サイズ「Gフォーマット」センサーを採用。5140万画素の高画素を実現しつつ、卓越した高感度性能、広い階調再現性を発揮し、超高画質を実現します。
  • 画像処理エンジンには、APS-Cサイズセンサー(*3)搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」で高評価の「X-Processor Pro」を採用。富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」も搭載しており、往年の中判フィルムカメラで多くのプロ写真家や写真愛好家にお使いいただいた「PROVIA」「Velvia」「ACROS」などのフィルムの色再現をお楽しみいただけます。
2. 最薄部46mm・質量775gの小型軽量化を実現したレンジファインダースタイルのデザインで、優れた機動性を発揮
  • 「GFX 50S」よりも約145g軽い(*4)775gの軽量ボディを実現。さらに、ボディの厚みも最薄部46mmと薄型化したことで、携帯性と収納性を高めるとともに、優れた機動性を発揮します。
  • 右目でファインダーを覗きながら、左目で被写体を捉えられるレンジファインダースタイルを採用。その場の雰囲気を感じながら撮影できます。
  • 電子ビューファインダー(EVF)には、ファインダー倍率0.77倍の高精細369万ドット有機ELパネルを採用。35mmフルサイズセンサーと比べて被写界深度が浅い中判サイズの大型センサーによる撮影でも、正確なフォーカシングが可能です。
3. プロ写真家のニーズにこたえるシンプルな操作性と優れたタフネス性を実現
  • 「Xシリーズ」で好評のフォーカスポイントを瞬時に操作できる「フォーカスレバー」を搭載。しっかりとカメラをホールドしたまま、素早いフォーカス合わせが可能です。ボディ天面には、シャッタースピード、露出補正の2つのダイヤルを搭載。シンプルな操作性を実現しています。また、ダイヤルにはアルミ削りだしの金属を採用し、心地よいクリック感と上質な外観に仕上げました。
  • 高強度のマグネシウム合金製のボディに、64か所のシーリングを施すことで、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能を実現。堅牢かつ耐久性に優れるタフネスボディで、プロ写真家のニーズにもこたえます。
4. 豊富な交換レンズラインアップとさまざまな撮影ソフトへの対応により、幅広いシーンや撮影手法に対応
  • 本日発表の交換レンズの開発ロードマップで示した、23mm(35mm判換算:18mm)から350mm(35mm判換算:277mm)までの焦点距離をカバーする計11本の「フジノン GFレンズ」のラインアップで、幅広いシーンに対応します。また、すべての「フジノンGFレンズ」が、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現するとともに、プロ写真家の過酷な撮影現場での使用に耐えるため、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能も備えています。
  • プロ写真家の撮影現場に欠かせないテザーシューティングソフト「HS-V5 for Windows」と、「Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe® Photoshop® Lightroom®」に対応。さらに、「Capture One Pro FUJIFILM」(*5)にもサポートされており、スタジオでのさまざまな撮影手法に対応することで、普段のワークフローにあわせてお使いいただけます。
5. 「GFXシリーズ」初のBluetooth®対応によるコネクティビティの強化
  • 「GFXシリーズ」として初めてBluetooth® low energy技術を搭載。スマートフォン・タブレット端末用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を介して、事前にペアリング登録した端末に簡単・即時に撮影した画像を転送できます。
6. 「35mmフォーマットモード」を拡張し、さまざまなユーザーニーズに対応
  • 他社製マウンドアダプターで35mmフルサイズセンサー用交換レンズを装着して撮影する際に、センサー中央部36.0mm x 24.0mm(約3000万画素相当)のみを記録する「35mmフォーマットモード」を、「フジノンGFレンズ」および中判フィルムカメラ用交換レンズ「SUPER EBC FUJINON HCレンズ」装着時でも使用可能にしました。非常に高い光学性能を持つ「フジノンGFレンズ」においては、レンズの中心部のみを記録することで、画像の隅々まで解像度が高く、明るい写真を撮影できます。
  • 「35mmフォーマットモード」など「GFX 50R」に初めて搭載された機能の一部は、ファームウエアのアップデートにより、「GFX 50S」でもお使いいただけるようになります(*6)。

*1 撮影時質量(付属バッテリー、メモリーカード含む)。

*2 36mm×24mmサイズのイメージセンサー。

*3 23.6mm×15.6mmサイズのイメージセンサー。

*4 「GFX 50S」EVF装着時との比較。

*5 Phase One社より配信されている現像ソフト。詳細はPhase One社WEBサイトをご覧ください。

*6 2018年10月に公開予定。LCD/EVFの色調整などの機能を「GFX 50S」に追加できます。

1. 製品、発売日、価格
製品名:デジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」
発売日:2018年11月
     <2018年10月30日追記>
     発売日決定:2018年11月29日(木)
希望小売価格:オープン
サポート情報などの詳細は、http://fujifilm-x.com/gfx/ をご覧ください。
予約販売の受付は10月1日(月)10時より開始します。
2. 「FUJIFILM GFX 50R」の主な仕様
製品名 FUJIFILM GFX 50R
有効画素数 約5140万画素
撮像素子 43.8mm×32.9mm(FUJIFILM G Format) ベイヤーCMOSセンサー、原色フィルター採用
センサークリーニング 圧電素子による超音波方式
記録メディア SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~512GB) UHS-I/UHS-II対応(*7)
レンズマウント FUJIFILM Gマウント
撮影感度 感度設定 AUTO(ISO12800まで設定可能)
ISO100~12800(1/3ステップ) (標準出力感度)
拡張感度 ISO50/25600/51200/102400
ファインダー レンジビューファインダースタイル 0.5型 有機ELファインダー  約369万ドット(視野率: 約100%)
アイポイント:約23mm(接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲:-4m~+2m-1
ファインダー倍率: EVFモード時 0.77倍
(ともに35 mm 判換算50 mm レンズ、無限遠、視度 -1.0 m-1 のとき)
対角視野 約38°(水平視野 約30°)
アイセンサー付き
液晶モニター 3.2型 4:3アスペクト タッチパネル式TFTカラー液晶モニター 2軸チルト式
約236万ドット(視野率約100%)
動画 Full HD 1920×1080 29.97p/25p/24p/23.98p 36Mbps 連続最大 約30分まで
HD 1280×720 29.97p/25p/24p/23.98p 18Mbps 連続最大 約30分まで
※動画を撮影するときは、UHS スピードクラス1以上のメモリーカードをご使用ください。
※動画を連続して撮影した場合、ファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく動画撮影が可能ですが、動画ファイルは分割して保存されるため、それぞれのファイルごとに再生が必要です。
電源 充電式バッテリーNP-T125(リチウムイオンタイプ)(付属)
静止画撮影可能枚数(*8) 約400枚(オートパワーセーブON時)※GF63mmF2.8 R WR使用時
連続撮影電池寿命(*8) Full HD:約145分 (顔検出OFF時)※GF63mmF2.8 R WR使用時
実撮影電池寿命(*8) Full HD:約70分 (顔検出OFF時)※GF63mmF2.8 R WR使用時
寸法・質量 (幅)160.7mm×(高さ)96.5mm×(奥行き)66.4mm(最薄部46.0mm)
約775g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
約690g(バッテリー、メモリーカード含まず)
付属品 充電式バッテリーNP-T125(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-T125、プラグアダプター(1式)、ボディーキャップ、ストラップ取り付け金具、ショルダーストラップ、ケーブルプロテクター、ホットシューカバー、シンクロターミナルキャップ、使用説明書、保証書一式

*7 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html でご覧ください。

*8 CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数を保証するものではありません。低温時にはバッテリー作動可能枚数が少なくなります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る