ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

米ぬか脂質に含有される成分「オリザノール」が、
シミの原因となるメラノソーム(*1)の形成を阻害することを発見

さらに、高浸透性を実現する独自成分「ナノオリザノール乳化物」を新開発

2018年11月8日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、米ぬか脂質に含有される成分「オリザノール」が、シミの原因となるメラノソームの形成に関わる酵素「BACE2」(*2)の働きを阻害することを発見しました。さらに、当社の独自技術により、「オリザノール」を安定的にナノ乳化し、高い浸透性を実現した「ナノオリザノール乳化物」を新たに開発しました。今回当社は、以下の研究成果を得ました。

<研究成果>
① シミの原因となるメラノソームが形成される過程に着目。メラノソームの形成に関わる酵素「BACE2」の働きを阻害することで、メラノソームの構造が完全に形成される前の状態(未熟な状態)に留め、メラニン産生を抑制することを実証しました。
② BACE2の働きを阻害する成分を探索した結果、米ぬか脂質に含有される成分「オリザノール」にその作用を発見しました。
③ オリザノールを当社独自技術でナノ乳化し、浸透性を向上させた「ナノオリザノール乳化物」を新たに開発しました。本成分がBACE2の働きを阻害し、シミの原因となるメラノソームの形成が抑制されることで、高い美白効果が期待できます。

当社は、今回新たに開発した「ナノオリザノール乳化物」を、来春発売の機能性化粧品に配合する予定です。なお、本研究の内容は、2018年11月28日から30日までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「第41回日本分子生物学会」にて発表します。

*1 メラニンを産生するメラノサイト内に存在する細胞小器官。シミの元となるメラニンは、メラノソームに蓄積される。

*2 「Beta-site amyloid precursor protein cleaving enzyme 2」の略。シミの原因となるメラノソーム形成に関わるタンパク質切断酵素として知られている。

[写真]

研究の背景

当社は、肌のシミの原因であるメラノソームの研究を進めており、これまでに、メラノソームがケラチノサイト(*3)において分解されるメカニズムについて報告してきました(*4)。

今回当社は、タンパク質切断酵素「BACE2」によって小胞膜(*5)から切り出されたタンパク質「gp100」(*6)の断片を骨組みとして、メラノソームが形成されるとの近年の報告を受け、新たにメラノソーム形成の初期段階に着目。BACE2の働きを阻害して、メラノソームの形成を抑制する成分の探索に取り組みました。


【本研究の着目点】
今回の研究では、メラニンが沈着するメラノソームの産生・代謝過程のうち、メラノソーム形成の初期段階(赤色矢印)に着目した。

[図]

【皮膚におけるメラノソームの産生・代謝過程】

[図]

*3 皮膚を構成する細胞。角化細胞とも呼ばれ、何層にも重なった構造を示す。

*4 2013年11月開催の「第73回日本化粧品技術者会研究討論会」および2016年10月開催の「IFSCC 2016 Congress ORLANDO FLORIDA」において。

*5 細胞内にある膜に包まれた袋状の構造体。ここではメラノソーム形成初期段階のものを指す。

*6 メラノサイト内の構造タンパク質。PMEL17とも呼ばれる。

*7 細胞小器官の1つ。扁平な袋状の膜構造から成る。

研究の成果
1. BACE2の働きを阻害すると、メラニン産生が抑制され、メラノソームの構造が未熟な状態に留まることを実証

メラノソームが、BACE2によって小胞膜から切り出されたタンパク質「gp100」の断片を骨組みとして形成されることは知られていましたが、BACE2が、実際にヒトの正常なメラノサイトに対してどのような機能を示し、メラニン産生に寄与するかは明らかになっていませんでした。そこで、メラノサイトに、BACE2の活性を阻害する化合物(BACE2阻害剤)(*8)を作用させたところ、高いメラニン産生抑制効果を確認しました(図1上)。さらに、メラノソームの形態を観察したところ、メラノソームの骨組みとなるgp100の構造が、未熟な状態に留まっていることが分かりました(図1下)。このことから、BACE2の働きを阻害することにより、メラニン色素が沈着するための骨組みが形成できなくなり、メラニン産生が抑制されたと考えられます。

*8 医薬品用に開発された、BACE(BACE2を含む)の働きを阻害するための化合物。ほかの分子に影響することなく、BACEの働きだけを阻害できる。

[図1]BACE2阻害剤作用によるメラニン産生抑制効果とメラノソームの形態観察

2. オリザノールが、BACE2の働きを阻害することを発見

BACE2の働きを阻害する成分を探索したところ、米ぬか脂質に含有される「オリザノール」に高い阻害効果があることを発見しました(図2)。さらに、メラノサイトにオリザノールを添加するメラニン産生抑制試験において、同成分がメラニンの産生量を減少させる美白効果を有することも確認しました(図3)。

[図2]オリザノールのBACE2活性阻害効果

*9 タンパク質の相互作用などを検出するために用いる、蛍光現象を用いた測定技術。FRETは、Fluorescence Resonance Energy Transferの略。

[図3]オリザノールのメラニン産生減少効果

3. 浸透性を向上させた「ナノオリザノール乳化物」を開発

オリザノールは水に溶けにくく、化粧水や美容液などの透明水系製剤に安定配合することが難しい成分です。当社は、本成分を肌の浸透性を高めるオイルとともに、独自のナノ化技術で乳化した「ナノオリザノール乳化物」の開発に成功しました(図4)。ナノオリザノール乳化物は、従来技術でナノ化したオリザノール分散物に比べて、肌への浸透性が2.6倍向上しました(図5)。

[図4]当社独自技術で開発した「ナノオリザノール乳化物」/[図5]「ナノオリザノール乳化物」の浸透性評価結果


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 今回の研究に関するお問い合わせ 株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー ブランドマネージメントグループ
  • TEL 0120-186-833
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る