ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ニュースリリース

Bookmark and Share
 

薬剤の飲み忘れや飲み間違いを防止する薬剤の一包化ニーズに対応
独自の画像認識技術などを応用した一包化監査支援システム

「PROOFIT 1D(プルーフィット ワンドース)」

薬剤師の監査業務の負担軽減と正確性向上に貢献

新発売

2018年12月27日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、服用するタイミングごとにまとめて一包化(*1)された薬剤の名称と数量を自動的に判定し、調剤薬局などでの薬剤師の監査業務(*2)をサポートする一包化監査支援システム「PROOFIT 1D(プルーフィット ワンドース)」を、2019年1月11日より富士フイルム富山化学株式会社(社長:岡田 淳二)を通じて発売いたします。

昨今、高齢化に伴って慢性疾患が増え、一回に服用する薬剤が多くなる中、薬剤の飲み忘れや飲み間違いを防止するために、薬剤の一包化ニーズが高まっています。現在、薬剤師には、健康被害を防ぐため、薬剤を渡す時に、薬剤の種類や数量に間違いがないかを確認する監査業務が義務付けられています。しかし、一包化された薬剤の監査業務では、薬剤師が一包ごとに薬剤の種類と数量を目視で確認しているため、大きな作業負荷がかかります。今後、在宅医療における服薬支援・指導など、地域での薬剤師の役割期待が拡大する中で、目視のみならず、システムも活用して、薬剤の監査業務の効率性をより高めていきたいというニーズがますます高まっています。

[写真]一包化監査支援システム「PROOFIT 1D」

「PROOFIT 1D」は、富士フイルムが写真・医療分野で培ってきた技術を応用して開発した一包化監査支援システムです。「PROOFIT 1D」は高度な光学設計技術や画像処理技術により、錠剤やカプセル剤の高画質撮影を実現。さらに独自の画像認識技術で、一つ一つの錠剤の刻印や文字、カプセル剤の色や形などを高速・高精度に読み取ります。また、新たに開発した「錠剤の刻印や文字の抽出技術」により、これまで困難であった、錠剤の表裏や刻印の向きをそろえた、一包化された薬剤の一覧表示が可能。刻印を強調表示する機能も搭載しているため、モニター上で薬剤師が監査しやすい情報を提供します。

このほか、監査に使用した画像を専用パソコンに50万包分保存することが可能で、いつでも処方した薬剤を検索して画像で確認できるため、履歴管理を効率的に行うことができます。さらに、薬剤の名称を判定するために参照する医薬品のマスターデータを、専用回線を通じて自動的に更新することが可能。新たに販売された医薬品の監査業務にも対応するとともに、システムの維持管理にかかる業務負担を軽減します。

「PROOFIT 1D」は、薬剤師の監査業務を強力にサポートし、本業務の効率性はもちろんのこと、正確性の向上にも寄与します。


富士フイルムは、これまで幅広い製品開発で培ってきた光学設計技術や画像処理技術などを活かし、幅広い医療現場をサポートする高品質な製品を開発・提供していくことで、医療の質の向上に貢献していきます。

*1 調剤薬局などで複数の錠剤やカプセル剤を、朝食後分・夕食後分など、服用タイミングごとに一回分ずつ、専用の分包機を使って包に入れて調剤すること。

*2 薬剤師が薬剤を渡す際に、調剤された薬剤の種類と数を確認し、正確性の担保と安全性の確保を行う業務。


1.製品名
一包化監査支援システム「PROOFIT 1D(プルーフィット ワンドース)」
2. 発売日
2019年1月11日
3. 標準ユーザー渡し価格(税別)
機器本体システム一式:10,000,000円
(標準的な設置環境への設置費用含む)
4. 主な特長
(1) 高画質な撮影と高精度な読み取りで、一包化された薬剤の名称と数量を自動的に判定
  • 富士フイルムが写真・医療の分野で培ってきた光学設計技術や画像処理技術を活用して、錠剤やカプセル剤の高画質撮影を実現。さらに独自の画像認識技術で、一つ一つの錠剤やカプセル剤を高速・高精度に読み取り、一包化された薬剤の名称と数量を自動的に判定することができます。
  • 錠剤の刻印や文字の高精度抽出技術を新開発。これまで困難であった、錠剤の表裏や刻印の向きをそろえた一覧表示が可能で、不足している薬剤や処方箋と異なる薬剤を素早く確認することができます(図1)。さらに、刻印を強調表示できる機能も搭載しているため、モニター画面上に監査しやすい情報を提供し、薬剤師の監査業務を強力にサポートします。

[写真]

  • 錠剤が立っていたり重なっていると判断された場合(図2)に、自動でならし機能が発動し、錠剤を散らします(図3)。

[写真]

(2) 監査画像を保存でき、履歴管理を効率的に行うことが可能

[写真]

  • 監査に使用された画像を専用パソコンに50万包分保存することが可能(図4)。いつでも画像を検索して確認できるため、履歴管理を効率的に行うことができます。
(3) メンテナンスフリー設計により、システムの維持管理にかかる作業負担を軽減
  • 専用回線によるセキュアな通信機能を搭載。本機能により、アプリケーションの更新、薬剤の名称を判定するために参照する医薬品のマスターデータ(薬剤の画像などの情報)の登録や更新を自動で行うため、新たに販売された医薬品の監査業務にも迅速に対応するとともに、システムの維持管理にかかる業務負担を軽減します。

5. 主な仕様
品名 一包化監査支援システム「PROOFIT 1D(プルーフィット ワンドース)」
監査機能
  • 錠剤:刻印、文字、形、サイズから医薬品のマスターデータと照合し、薬剤の名称・数量を判定
  • カプセル剤:形、色、サイズから医薬品のマスターデータと照合し、薬剤の名称・数量を判定
  • 異物:写真撮影による異物の検出
  • 監査結果:監査結果を画像表示および自動保存(50万包分を保管)
監査対象
  • 当社指定の分包フイルムで一包化された錠剤を対象とします。(散剤は含まない)
  • 両面透明の分包フイルムを対象とします。
    (薬剤が入った包への印字済み品、および白帯、グラシン紙は対象外)
  • 分包紙幅70mm、送りピッチ60mm~90mmを自動検出
    但し一つの分包品内で同一の送りピッチであること
  • 包数は、最大120包/帯、ミシン目に切れかかりのないこと
読取り速度 約2秒/包
※当社規定の標準処方読み取り時
※包内の錠数や状態で上記より時間がかかることがあります
一包内の最大数 25種25錠まで
※包内に、錠剤の重なり解消に十分なスペースが必要です
提供サービス ①医薬品のマスターデータの使用許諾および自動更新(画像マスター含む)
②アプリケーションの使用許諾および自動更新
③ルーターのレンタルおよびセキュアな通信回線提供
④コールセンターへのお問い合わせや相談
⑤定期点検訪問
※上記サービスは本システムをご利用いただくために必要なサービスとなります。
※別途、月額料金がかかります。
本体寸法 幅600mm×奥行き600mm×高さ850mm(突起部含まず)
重量 本体約100kg
電源 AC100V±10V、50/60Hz アースは必ず接続してください
消費電力 600VA(PROOFIT 1D本体300VA、PC300VA)
装置構成 PROOFIT 1D本体、23インチタッチパネルモニター、専用PC、ハードディスクドライブ、専用ルーター、専用受箱、専用USBカメラ/専用スタンド、各種ケーブル類、専用リーダー
印字用ラベル 専用感熱印字ラベルロール(2,600包/巻)

NSIPS®対応機器(*3)

[ロゴ]

*3 NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピューターシステム間の連携システム。NSIPSは公益社団法人福岡県薬剤師会の登録商標。(商標登録 第5214610号)


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム富山化学株式会社 医薬IoTソリューション部
  • TEL 03-6427-7639
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 一包化監査支援システム PROOFIT 1D
  • https://fujifilm.jp/proofit1d/
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る