ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ニュースリリース

Bookmark and Share
 

155gの小型軽量と高速AFにより、軽快なスタイルでスナップ撮影や風景撮影を楽しめる
高い解像性能と防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を実現

「フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR」

「Xシリーズ」用交換レンズの「コンパクトプライム」シリーズの広角レンズ

新発売

2019年2月14日
2019年2月27日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズに、小型軽量タイプの広角レンズ「フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR」(以下、「XF16mmF2.8 R WR」)を新たにラインアップします。本製品は、明るい開放F値2.8、焦点距離16mm(35mm判換算:24mm相当)のレンズで、画像周辺部まで高い解像性能を発揮。わずか155gの質量・スタイリッシュなデザインで、高速AFが可能であるため、軽快なスタイルでスナップ撮影や風景撮影をお楽しみいただけます。

「XF16mmF2.8 R WR」のブラックカラーは2019年3月20日(水)に発売します。シルバーカラーは2019年5月の発売を予定しています。

「XF16mmF2.8 R WR」は、非球面レンズ2枚を含む8群10枚のレンズ構成により、像面湾曲や球面収差を効果的に抑制し画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮する広角レンズで、独自開発のX-Trans™ CMOSセンサー(*1)の性能を余すことなく引き出します。また、インナーフォーカス方式(*2)を採用し、ステッピングモーター(*3)によりフォーカスレンズを駆動させることで、AFの高速化・静音化を可能とします。さらに、わずか155gの小型軽量を実現。本日発表したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」(以下、「X-T30」)と組み合わせても538gと軽量であるため、高い機動力を発揮します。

外装には金属製パーツを全面に用い、高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインを採用。絞りリングやフォーカスリングの使用感も追求し、快適な操作性を発揮します。さらに防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能も実現しており、幅広い撮影シーンに対応します。

富士フイルムは、現在、小型軽量タイプの単焦点レンズを「コンパクトプライム」シリーズとして訴求しています。同シリーズのなかでもスタイリッシュな外観を持つ「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」(以下、「XF23mmF2 R WR」)「フジノンレンズ XF35mmF2 R WR」(以下、「XF35mmF2 R WR」)「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」(以下、「XF50mmF2 R WR」)、さらに今回発売する「XF16mmF2.8 R WR」を合わせて、軽快なスタイルでの撮影の楽しみを提案し、「Xシリーズ」の魅力をさらに拡大していきます。

[写真]「XF16mmF2.8 R WR」/ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」装着時

*1 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

*2 比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式。

*3 電気パルス信号に応じて一定の角度だけ回転するモーターで、高精度な位置決めが可能。

1. 製品名、発売日、価格

製品名

発売日

希望小売価格

「フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR」

ブラックカラー:2019年3月下旬
<2019年2月27日追記>
発売日決定:2019年3月20日(水)

シルバーカラー:2019年5月

55,000円(税抜き)

2. 製品特長

[図]非球面レンズ2枚を含む8群10枚のレンズ構成を採用。

(1) 高い解像性能を発揮
  • 非球面レンズ2枚を含む8群10枚のレンズ構成を採用し、非球面レンズを高精度に制御することで、球面収差と像面湾曲を抑制。画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮し、独自開発のX-Trans™ CMOSセンサーの性能を余すことなく引き出します。また最短17cmの近接撮影も可能です。
(2) 小型軽量・スタイリッシュなデザイン、快適な操作性を実現
  • わずか155gの小型軽量を実現。ミラーレスデジタルカメラ「X-T30」と組み合わせても538gと軽量であるため、高い機動力を発揮します。また全長も45.4mmのコンパクトサイズです。
  • 外装に金属製パーツを用いることで、「XF23mmF2 R WR」「XF35mmF2 R WR」「XF50mmF2 R WR」と同様、高級感と堅牢性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインを実現しました。
  • クリック感や適度な重さのトルク感を持った絞りリング・フォーカスリングにより、快適にお使いいただけます。

[写真]「XF16mmF2.8 R WR」 「XF23mmF2 R WR」 「XF35mmF2 R WR」 「XF50mmF2 R WR」小型軽量・スタイリッシュな外観のレンズラインアップ

(3) AFの高速化・静音化が可能
  • 小型軽量なフォーカスレンズを動かすインナーフォーカス方式を採用。静粛性と制御性に優れるステッピングモーターで駆動させるため、AFの高速化・静音化を可能とします。

[図]緑部にシーリングを施すことで、レンズ全体で防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能を実現。

(4) さまざまな撮影環境に耐える高いタフネス性能を発揮
  • 鏡筒の9か所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
    ミラーレスデジタルカメラ「X-Pro2」「X-T2」「X-T3」「X-H1」と組み合わせることで、小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも、安心して撮影ができます。
<アクセサリー>
プロテクトフィルター「PRF-49」/フロントレンズキャップ「FLCP-49」
  • 「XF16mmF2.8 R WR」の発売に合わせて、φ49mmのフィルター径に対応したプロテクトフィルター「PRF-49」と、フロントレンズキャップ「FLCP-49」も同時に発売します。

3. 主な仕様

形式 フジノンレンズ XF16mmF2.8 R WR
レンズ構成 8群10枚 (非球面レンズ 2枚)
焦点距離 f=16mm (35mm判換算:24mm相当)
画角 83.2°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数 9枚 (円形絞り)
ステップ段数 1/3ステップ (全19段)
撮影距離範囲 17cm~∞
最大撮影倍率 0.13倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ60mm×45.4mm
質量(約) (レンズキャップ、フード含まず) 155g
フィルターサイズ φ49mm
付属品 フロントレンズキャップ FLCP-49
レンズリアキャップRLCP-001
レンズフード
ラッピングクロス

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る