ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Bookmark and Share
 

携帯型X線撮影装置「CALNEO Xair(カルネオ エックスエアー)」が、
世界的に権威のある米国のデザイン賞「IDEA賞」でブロンズ賞を受賞!

「Instax SQUAREシリーズ」、ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50R」がファイナリスト(*1)に選出

2019年9月5日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、アメリカ・インダストリアル・デザイナー協会(IDSA)が主催する「IDEA賞(International Design Excellence Award)2019」において、携帯型X線撮影装置「CALNEO Xair」がブロンズ賞を受賞、また、インスタントカメラ「instax SQUARE シリーズ」、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」がファイナリストに選定されたことをお知らせいたします。

「IDEA賞」は、アメリカ・インダストリアル・デザイナー協会(IDSA)が1980年に設立したデザイン賞で、ドイツの「iFデザイン賞」、「レッドドットデザイン賞」に並び三大デザイン賞のひとつに数えられる世界的に権威のある賞です。今年は世界中から約1,900点の応募があり、デザインの革新性・快適性・簡易性、社会的責任への貢献などの基準に基づいて厳格に審査された結果、49点がブロンズ賞を受賞しました。

今回ブロンズ賞を受賞した「CALNEO Xair」は、外観のデザインだけでなく、小型・軽量で手軽に持ち運ぶことができ、在宅医療などにおいて簡便にX線検査を実現する点、直感的に使用できる操作性など、医療現場のニーズに応え医療の質の向上に貢献するさまざまな点が高く評価されました。

富士フイルムは、あらゆる製品・サービスの開発において、機能や性能を追求するとともに、その優れた機能を最大限に生かすデザイン開発に取り組んでいます。外観デザインの美しさに留まらず、簡単・快適な操作性や携帯性などに徹底的にこだわったデザインを実現することにより、製品の新たな価値創出を目指しています。

デザインを製品価値の一つととらえて注力するなか、多くの応募の中からIDEA賞に選ばれたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

*1 ファイナリストはゴールド、シルバー、ブロンズ各賞の受賞候補として1次審査を通過したもの。

[ロゴ]「IDEA賞2019」 ブロンズ賞

<「IDEA賞2019」 ブロンズ賞受賞製品>

携帯型X線撮影装置「CALNEO Xair」

[写真]携帯型X線撮影装置「CALNEO Xair」

富士フイルム初となる、手軽に持ち運ぶことができる携帯型X線撮影装置。小型・軽量なX線管球とバッテリーを採用し、可搬性/操作性に優れた総重量3.5kgを実現。在宅医療での撮影など、スペースが限られた場所での簡便なX線撮影と画像確認をサポートする。当社独自のISS方式(*2)とノイズ低減回路(*3)を搭載したX線画像診断装置「FUJIFILM CALNEO Smart」などの高感度検出に対応したカセッテDRを利用することで、低線量でも高画質な画像を得ることができる。これにより、在宅医療などにおいてX線撮影を行う医師や技師の移動や撮影準備などの身体的負荷低減と、患者の被ばく量低減に貢献する。

*2 ISS(Irradiation Side Sampling)方式。センサー(TFTパネル)を、X線照射面側に配置する方式。従来方式のFPD(X線画像平面検出器)に比べ、より減衰が少ない段階のX線エネルギーを光信号に変換でき、X線エネルギーの変換効率を高めることができる。

*3 X線情報をセンシングする性能を高め、かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。

<「IDEA賞2019」 ファイナリスト選定製品>

ファイナリストはゴールド、シルバー、ブロンズ各賞の受賞候補として1次審査を通過したもの

インスタントカメラ「instax SQUARE シリーズ」

[写真]インスタントカメラ「instax SQUARE シリーズ」

撮ったその場ですぐにプリントにして楽しめるインスタントカメラinstax“チェキ”シリーズで、正方形のスクエアフォーマットフィルムに対応したインスタントカメラとスマホ用プリンターの3製品。

①「instax SQUARE SQ20」

デジタルイメージング技術を搭載したハイブリッドインスタントカメラ。プリント出力前の画像編集・加工機能に加え、動く被写体の決定的な瞬間を選んでプリントできる「モーションモード」を搭載。左手、右手どちらでもシャッターが切れるように左右対称に配置した2つのシャッターボタンや、グリップ性向上を意識したデザインなど使いやすさを追求した。

②「instax SQUARE SQ6」

アナログ露光方式のインスタントカメラ。多彩な撮影機能の搭載や、シーンを選ばずファッション感覚で持ち歩けるシンプル・スタイリッシュなデザインにより、大切な瞬間を逃さずスクエアフォーマットのプリントにして楽しめる。

③「instax SHARE SP-3」

スマホで撮影した画像を専用アプリを通じて、いつでもどこでもチェキフィルムにプリントできるスマホ用プリンター。専用スマホアプリで、好きな文字を自由な大きさ、色、濃度で写真画像に組み込んでプリントするなど、さまざまな楽しみ方が可能。洗練された高級感のある外観に仕上げながら、シャープな造形により薄型化・小型化も実現させたデザインで、シーンを選ばず使用できる。

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」

[写真]ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」

35mm判の約1.7倍となるラージフォーマットセンサー(*4)を搭載し、独自の色再現などとの組み合わせで超高画質を実現するミラーレスデジタルカメラ。スナップやドキュメンタリーフォト、ポートレート分野の撮影に最適。

往年のフィルムカメラを彷彿とさせるレンジファインダースタイルのクラシカルなデザインを採用した。また、最薄部46mm・質量775g(*5)の小型軽量ボディであるため、カメラバッグへ収納して気軽に持ち運ぶことができるなど、優れた機動性を発揮する。ボディ天面には、シャッタースピード、露出補正の2つのダイヤルを搭載し、シンプルな操作が可能。ダイヤルにはアルミ削りだしの金属を採用し、心地よいクリック感と上質な外観に仕上げた。これらの特長を手の届きやすい価格帯で実現し、ラージフォーマットセンサーによる超高画質撮影の魅力を拡大した。

*4 対角線の長さが55mm(横43.8mm×縦32.9mm)で、35mm判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサー。

*5 付属バッテリー、メモリーカード含む。


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る