ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ニュースリリース

Bookmark and Share
 

軽量・高強度なチタンを採用!高級感溢れるボディで優れた機動性・耐久性を実現
世界唯一、光学式・電子式の切り替えが可能なファインダーがさらに進化

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」

被写体と出会いファインダーを覗いて高画質な写真を撮影する、写真撮影の原点“PURE PHOTOGRAPHY”を追求

新発売

2019年10月23日

2019年11月26日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」のフラッグシップモデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」(以下、「X-Pro3」)を2019年11月28日より発売します。「X-Pro3」は、当社デジタルカメラ初となる、軽量・高強度なチタンの採用などにより、優れた機動性・耐久性を実現し、より快適に高画質撮影を楽しむことができます。

当社は、上質な塗装で重厚感のある「ブラック」、擦り傷への高い耐性と高品位な外観を実現する「デュラテクト™」(*1)加工を施した「DRブラック」「DRシルバー」の3色をラインアップし、「X-Pro3」の魅力を拡大していきます。

[写真]「X-Pro3」ブラック, 「X-Pro3」DRブラック, 「X-Pro3」DRシルバー

富士フイルムは、2012年に「FUJIFILM X-Pro1」、2016年に「FUJIFILM X-Pro2」を発売し、「X-Proシリーズ」を進化させてきました。様々な場所で被写体と出会いファインダーを覗いて高画質な写真を撮影する、写真撮影の原点を“PURE PHOTOGRAPHY”として掲げ、①気軽にカメラを持ち歩くための小型軽量・高耐久ボディや落ち着いた佇まいのデザイン、②被写体を正確にとらえフレーミングを決めるための優れたファインダー、③意図通りの写真に仕上げる色再現、などに徹底的にこだわり、「X-Pro3」を開発しました。

今回発売する「X-Pro3」は、ボディ外装に軽量・高強度で耐食性(*2)にも優れたチタンを、ボディ内部にマグネシウム合金を採用することで、チタンの美しい色合い・質感を最大限に引き出した高級感溢れるデザインと、優れた機動性・耐久性を実現したミラーレスデジタルカメラです。

「X-Pro3」は、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えられる、世界唯一の「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」を搭載。EVFには高解像約369万ドットの明るい有機ELパネルを採用することで、視認性をさらに向上させています。また、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-T30」で高い評価をいただいている、裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」(*3)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載するともに、アルゴリズムをさらに進化させることで、暗闇に近い低照度-6EV環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現しています。さらに、当社独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行った「クラシックネガ」モードを新たに加え、多彩な色調による高画質な写真撮影をお楽しみいただけます。

当社は、今後も、「X-Pro3」をはじめとする「Xシリーズ」、ラージフォーマットセンサー(*4)搭載のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」、充実のレンズラインアップで、写真の素晴らしさや写真を撮る悦びを提供していきます。

*1 「デュラテクト」はシチズン時計株式会社の商標または登録商標。

*2 腐食(錆び)に対する耐性。

*3 X-Trans™は富士フイルム(株)の商標または登録商標。

*4 対角線の長さが55mm(横43.8mm×縦32.9mm)で、35mm判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサー。

1. 製品名、カラーバリエーション、発売日、価格
製品名 カラーバリエーション 発売日 希望小売価格
デジタルカメラ
「FUJIFILM X-Pro3」
ブラック 2019年11月28日 オープン
DRブラック/DRシルバー 2019年12月中旬
<2019年11月26日追記>
DRブラック:2019年12月19日
DRシルバー:2020年1月16日
2. 製品の主な特長
(1)当社デジタルカメラ初となるチタン採用などにより、優れた機動性・耐久性を実現
  • 当社デジタルカメラとして初めて、軽量・高強度で耐食性にも優れたチタンをボディ外装に採用。さらに、高い堅牢性・剛性を実現するマグネシウム合金をボディ内部のフレームに使用することで、優れた機動性・耐久性を発揮します。
  • チタンの持つ美しい色合いや独特の質感の魅力を最大限に引き出し、高級感溢れるデザインを実現。上質な塗装で重厚感のある「ブラック」に加え、擦り傷への高い耐性(*5)と高品位な外観を可能とする「デュラテクト™」加工を施した「DRブラック」「DRシルバー」の3色のカラーバリエーションで、撮影のみならず所有する悦びを広げます。
  • ボディ70ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴構造を実現。-10℃の耐低温性能も備えているため、過酷な撮影環境にも対応でき、本格的なフィールド撮影を可能とします。

*5 素材表面の硬さを表すビッカース硬度は約1,000〜1,500Hv。

(2)進化した「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」により「ファインダーを覗いて撮る」撮影スタイルを追求
  • 世界唯一の「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」を搭載。被写体をありのままにとらえることができる光学ファインダー(OVF)と、露出などの撮影条件を確認しながら撮影できる電子ビューファインダー(EVF)を、レバー操作で瞬時に切り替えることができます。
  • EVFには高解像約369万ドットの有機ELパネルを新たに採用しました。最高輝度1500cd/m2に加え、高いコントラストも実現しているため、暗い部分や明るい部分もEVF上で精緻に映し出すことが可能。忠実な色再現性も備えており、高い視認性を発揮します。
  • EVFの表示設定として「残像感低減」モード(*6)を新たに加えました。残像感を抑えた約200フレーム/秒相当の滑らかなEVFの視界を実現し、素早く動く被写体を追従して撮影する場合など最適です。
  • OVF上に小型EVFを同時表示できる「エレクトロニックレンジファインダー」機能を搭載。OVFでありのままの被写体をとらえながら、小型EVFで合焦部の拡大表示を行えるなど、高い利便性を発揮します。

*6 パフォーマンス設定で「ブースト」モード選択時のみ使用可能。

(3)「Xシリーズ」第4世代のセンサー・画像処理エンジンを搭載し、充実の撮影機能を実現
  • ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-T30」で高い評価をいただいている、「Xシリーズ」第4世代の裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。さらにアルゴリズムを進化させることで、暗闇に近い低照度-6EVの環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現しました。任意のフォーカスレンジをあらかじめ設定できる「フォーカスリミッター」機能との組み合わせにより、スムーズなAFが可能です。
  • 「ハイダイナミックレンジ(HDR)撮影」機能により、明るさの異なる複数の画像を合成することで、白飛びや黒つぶれの少ない、自然な色の写真を撮影できます。
  • 「多重露出撮影」機能をさらに進化。異なるフレーミング・時間で撮影した写真を最大9枚重ね合わせて1枚の作品につくりあげることができ、幻想的な写真表現をお楽しみいただけます。重ね合わせる画像の露出設定は、加算/加算平均/比較明/比較暗から選択可能です。
(4)独自の色再現技術などにより卓越した写真画質を実現
  • 写真フィルムなどの研究開発で85年にわたって培った独自の色再現技術などにより、人間の記憶に残る鮮やかな色「記憶色」を実現します。
  • 多彩な色調を可能とする「フィルムシミュレーション」に、スナップ撮影などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行った「クラシックネガ」モードを新たに加えました。高いコントラストによる立体感溢れる表現を可能とします。
  • 「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-T30」に搭載し好評の「モノクロ調整」機能(*7)を「モノクロームカラー」として刷新しました。従来の暖色系・寒色系にマゼンタ系・グリーン系を新たに加えた、幅広いカラーグラデーションからお好みの色を選択できます。
  • フィルムで撮った写真が持つ独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能をさらに進化。「強度」「粒度」の設定を変更することで、グレインの濃さ・粗さを調整できます。
  • 従来の「カラークローム・エフェクト」に加え、新たに「カラークロームブルー」を搭載。青空などブルー系の被写体に対して深みのある色再現・階調再現が可能となり、多彩な写真表現をお楽しみいただけます。

*7 銀塩フィルムから白黒プリントを制作する際、暖色系・寒色系の表現方法として活用していた「温黒調・冷黒調」を再現できる機能。

(5)快適な操作性を発揮
  • 約162万ドット・チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載し、ボディ背面の内側に格納。本液晶モニターを約180°回転させることが可能であるため、ハイアングルからローアングルまで様々なスタイルで撮影できます。また、高解像や広い視野角、高いコントラストにより、優れた視認性も備えています。
  • ボディ背面に新たに採用した1.28インチ・カラーメモリ液晶モニターでは、電源のON/OFFに関わらず、撮影情報を確認することが可能。フィルムシミュレーションの設定を写真フィルムのパッケージアイコンで確認する「クラシック」モード、シャッタースピードやF値などの撮影設定を確認する「標準」モードを選択できます。
  • クイックメニュー「Qメニュー」のアイコン表示数を4/8/12/16から選択して切り替えることができます。
  • USB端子には、「Type-C(USB3.1 Gen1)」規格を採用。有線による本体充電が可能です。

[画像]

3. 別売アクセサリー

[写真] 「BLC-XPRO3」装着時

(1)レザーケース「BLC-XPRO3」(「X-Pro3」専用)
  • カメラボディを保護しつつ、より高品位な外観を実現する本革製ボトムレザーケースです。カメラにケースを装着したままバッテリーを交換できるなど、高い利便性も備えています。
  • バッグなどに収納する際にカメラを包むラッピングクロスをセットにしています。

[写真] 「MHG-XPRO3」装着時

(2)ハンドグリップ「MHG-XPRO3」(「X-Pro3」専用)
  • 大口径レンズ装着時でも高いホールド性を発揮し、手ブレを軽減します。また、ハンドグリップを外すことなく電池やSDカードを交換可能です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • お客さま 富士フイルムデジタルカメラサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
  • https://fujifilm-x.com/
  • 「Xシリーズ」公式Facebookページ
  • http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan
Bookmark and Share

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る