ページの先頭です


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ニュースリリース

 

富士フイルム ヘルスケア領域の事業成長を一段と加速
日立製作所の「画像診断関連事業」を買収

2019年12月18日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、ヘルスケア領域のさらなる事業拡大に向けて、株式会社日立製作所(社長:東原 敏昭、以下日立製作所)の画像診断関連事業(以下対象事業)を買収いたします。本買収にあたり、日立製作所は新会社を設立し、対象事業を承継します。当社は新会社の全株式を取得する株式譲渡契約を、日立製作所と本日締結いたしました。なお、買収完了は、所要の競争法規制当局のクリアランスの取得等を条件とします。買収金額は、約1,790億円(*1)の見込です。

富士フイルムは、対象事業の買収によってメディカルシステム事業のさらなる拡大を実現します。当社の画像処理技術・AI技術を対象事業の幅広い製品ラインアップに搭載し、新たな付加価値を創出することにより、医療の質の向上に貢献していきます。さらに、強力な販売ネットワークを活用し、これらの価値をグローバルに提供していきます。

日立製作所は、1953年にX線撮影装置を製品化して以来、画像診断システムをはじめ、ITを活用したサービス、電子カルテなど、医療の質向上と効率化を実現するソリューションを提供しています。画像診断システムにおいては、CT、MRI、X線診断装置、超音波診断装置など幅広い製品ポートフォリオを保有しており、安定的な収益基盤とさらなる成長ポテンシャルの双方を兼ね備え、グローバルで高いプレゼンスを確立しています。特に超音波診断装置では、世界トップを目指し、高画質で快適な操作性を実現する幅広いラインアップを展開しています。

富士フイルムは、ヘルスケア領域を成長の柱と位置付け、化粧品やサプリメントなどの「予防」、画像診断システムや医療ITなどの「診断」、再生医療やバイオ医薬品などの「治療」をすべてカバーするトータル・ヘルスケア・カンパニーを目指し、積極的に経営資源を投入しています。中でも「診断」を担うメディカルシステム事業は、ヘルスケア領域での成長を牽引するコア事業として注力しており、医療ITを核に据え、X線診断装置、内視鏡、超音波診断装置、体外診断システムなど幅広い医療機器ラインアップを展開し、総合的なソリューションをグローバルに提供しています。医療ITにおいては、これまでに蓄積してきた独自の画像処理技術に加え、“REiLI(レイリ)”というブランド名称のもと、医療現場のワークフローを支援するAI技術の開発と実用化を進めています。

本買収により、これまで以上に質の高い豊富なソリューションを提供し、医療の質の向上に向けて先進的な役割を果たすとともに、世界屈指の「ヘルスケア・カンパニー」としての事業基盤を確立します。

<具体的なシナジー>

(1)製品ラインアップの拡充によるワンストップでのトータルソリューションを提供

富士フイルムと対象事業(以下両社)の製品ラインアップを組み合わせることで、CT、MRIも含めた画像診断システムと医療ITに加え、体外診断システム、内視鏡を有するヘルスケア・カンパニーとして、ワンストップでのトータルソリューションの提供が可能となり、病院への提案力を飛躍的に高めることができます。また、当社の医薬・再生医療領域のシナジーなど、「診断」だけでなく「治療」ソリューションまで提供する富士フイルムならではの新たなビジネスを構築できます。

(2)当社画像処理技術、AI技術と製品を組み合わせ、革新的なソリューションを提供

世界で高い評価を受けている当社の医用画像情報システム(PACS)などに活用している、画像処理技術やAI技術などを対象事業の製品に組み合わせることで、さらに付加価値の高いソリューションの提供が実現可能になります。例えば、CT撮影にAI技術を活用することで、ノイズを除去し、低線量での撮影を実現することができます。また、幅広いポートフォリオを通じて、医療機関や専門医とこれまでに以上に強固な関係を構築し、良質な診断画像データや稼働データにアクセスすることが可能となるため、これらデータの分析、活用を通じて「AI診断支援」や「AI保守」など、今後新たなビジネスを展開できます。

(3)販売チャネルの相互活用による営業力強化

両社はグローバルにビジネスを展開しており、販売チャネルを相互活用することによって、さらなる拡販を図ります。

富士フイルムは、今後もさまざまな医療現場のニーズにこたえる幅広い製品・サービスを開発・提供することで、さらなる診断の効率化と医療の質の向上、人々の健康の維持増進に貢献していきます。

*1 買収金額は、買収完了時点の対象事業の現預金、有利子負債及び運転資本等を考慮し確定するため、変動する可能性があります。なお、買収完了時期は、競争法規制当局のクリアランス取得などを前提とし、2020年7月を予定しています。

【日立製作所から買収する対象事業の概要】

事業内容 画像診断システム(CT、MRI、X線診断装置、超音波診断装置等)、電子カルテ等の研究開発・製造・販売・保守サービス

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る