ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM PHOTO CONTEST

トップ

第58回(2018年度)

募集要項(自由写真)

募集要項(日本の文化)

募集要項(ネイチャーフォト)

募集要項(特別テーマ)

募集要項(フォトブック)

第57回(2017年度)

第56回(2016年度)

第55回(2015年度)

第54回(2014年度)

第53回(2013年度)

第52回(2012年度)

第51回(2011年度)

第50回(2010年度)

第49回(2009年度)

過去の入賞作品

応募&返却サポート店

応募に関するよくある質問

応募&返却サポート店

応募作品への「2つのサポート」ご紹介

富士フイルムフォトコンテストでは、応募された作品をただお返しするのではなく、今後のさらなる作品づくりの一助としていただくため、2つのサポートを実施しています。

サポート1.レベルシール

「一次審査通過作品」「最終選考作品」など、作品がどの審査まで進んだかわかるシールを作品の裏側に貼って返却します。

■ シールを確認するためには、作品返却の申し込み(有料/税込1,000円)が必要です。
■ シールは、作品裏面に貼っていただく応募票に添付します。
■ シールはイメージのため、実際に貼り付けるものと異なる場合があります。

サポート2.ワンポイントアドバイス(有料)

応募作品1点について、当社選定フォトアドバイザーによる手書きのアドバイスをつけて返却。
作品づくりの参考になると好評です。

■ 1人につき1点/希望者のみ/有料1,000円(税込)
■ 作品応募の際にお申し込みが必要です
■ 複数応募いただいた場合は、アドバイザーが1点選択します。

ワンポイントアドバイスの例

応募者の声

応募者様からも大変ご好評いただいています。

※2017年応募者対象アンケートより

お申し込み方法

<レベルシール>

(1) 応募票の「作品の返却を希望」に○をつけてください。

(2) 梱包/送料として無記入の「1,000円分の郵便小為替」をご用意ください。
※応募&返却サポート店で応募される場合は返却料は掛かりません。
※郵便小為替は全国の郵便局でお買い求めいただけます。

(3) 郵便小為替を無記入のまま作品に同封してご応募ください。

<レベルシール + ワンポイントアドバイス>

(1) 応募票の「作品の返却とワンポイントアドバイスを希望」に○をつけてください。

(2)「定額小為替」を添えてご応募ください。

【応募&返却サポート店で応募する場合】
ワンポイントアドバイス料1,000円分の定額小為替を、応募&返却サポート店の店頭でお渡しください。返却料は掛かりません。

【事務局へ直接応募する場合】
ワンポイントアドバイス料1,000円と作品返却料1,000円を合わせた2,000円分の定額小為替を作品に同封して、事務局へお送りください。

※定額小為替は、全国のゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口でお求めいただけます。
金額は全て税込価格です。

Q&A

<レベルシール>

Q.シールの貼り付けは有料サービスですか?

A.いいえ。返却を希望される全ての作品に貼りつけて返却いたします。

Q.どこまで審査員が審査しているのですか。

A.応募規定を満たしているすべての作品を審査員が審査します。

Q.シールが貼られていない作品がありました。

A.規定を満たしていない作品には、シールを貼りつけておりません。

<ワンポイントアドバイス>

Q.ワンポイントアドバイスは、審査員にしてもらえるのですか。

A.いいえ。当社選定のフォトアドバイザーが行います。

Q.フォトアドバイザーとは、誰ですか。

A.富士フイルム㈱および富士フイルムイメージングシステムズ㈱で選定した講師です。
担当のフォトアドバイザーは、返却時にお伝えいたします。

Q.あらかじめ申し込んでいない場合、応募後でも申し込めますか。

A.申し込めませんのでご注意ください。

Q.複数枚応募している場合、複数枚にそれぞれアドバイスをもらえますか。

A.何枚ご応募いただいた場合でも、アドバイスは1人1作品とさせていただきます。
なお、作品は当社選定フォトアドバイザーが1点選択いたします。
※アドバイスしてほしい作品を応募者様から指定することはできません。

Q.作品が入賞した場合もアドバイスがもらえますか。

A.入賞作品は審査員による講評がつきます。そのためアドバイスの対象外となります。
ただし、複数作品をご応募いただいた場合は、入賞作品以外の作品から1作品を選んで、アドバイスさせていただきます。
入賞作品以外の応募作品がない場合は、アドバイス料を返金させていただきます。

「自由写真部門」詳しくはこちら

「日本の文化部門」詳しくはこちら

「ネイチャーフォト部門」詳しくはこちら

「特別テーマ部門」詳しくはこちら

「フォトブック部門」詳しくはこちら

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る