MYFAVORIELESSONCONTESTPICK UPINTERVIEWHOMEへ
「外見と内面」の曖昧さ、面白さを追い求めて
最新号にもどる
 

好きなことが全部今に繋がっている

「顔は心の鏡」。人を見た目で判断してはいけない、などと言う一方で、『人は見た目が9割』という本がベストセラーにもなった。どちらにせよ私たちは人に相対した時に、多少なりとも「外見」を判断の基準にする。その“基準”って一体何? と真っ向から問いかけてくるのが、アーティスト・澤田知子さんの作品群だ。ある時は証明写真、ある時はお見合い写真、ある時はクラス写真と、様々なフォーマットで次々と繰り出される女性達の顔。そのすべて澤田さん自身だと知った時、私たちは、それまで信じていたものがなんと頼りないものかを思い知る。

「大学の授業で、セルフ・ポートレートを撮るっていう課題が出たんです。もともと髪の毛をさわったり、メイクしたり、そういったことが好きだったから、じゃあ自分でいろいろ変えて撮ってみたらどうだろうって。でも、その時に撮っていたのは“写真うつりの良い自分”。うまく綺麗に撮れると満足して、それで終わってたんですね」。
「最初はそれで楽しかったけど、そのうち、写真で綺麗に撮れても本当の自分の何かが変わるわけじゃないってことが、しんどくなってきてしまって。セルフ・ポートレートからも離れていたのですが、今度は何を撮ったらいいのかがわからない……。半分鬱状態になるほど、悩んでいたころもあったんです」。

半年以上も自分の撮るべき写真がわからず、悩んでいたという澤田さん。そんな日々に射した光は、やはりセルフ・ポートレートだった。卒業制作のテーマとして選んだのは、あの街中の至るところにある「証明写真」。

「それまで撮っていた“写真うつりの良い私”だって、私が良いって思ってるだけですよね。他人がみんなそう思うかっていったら違うわけで。外見のイメージで判断してるのに、みんながみんな基準はバラバラ。じゃあ、いろんな人に変装して、全部違う人に見えたらどうなるんだろう? だったら、フォーマットが揃っていたほうが違いがはっきりして良いなって思って、証明写真を選びました」。

同じ人間なのに、別人にしか見えない。その人を証明するための「証明写真」が、実際は何も証明できていない。その卓抜したアイデアと、作品の見事さが高く評価され、この『ID400』シリーズはキヤノン「写真新世紀」2000特別賞を受賞する。

「近くのトイレで髪型やメイクを変えては、証明写真機に飛び込んで撮りました(笑)。自分の好きなこと、面白いと感じることが全部作品に繋がっていくのが、本当に楽しくて。『これだ!』って心から思いましたね。作品を作っている間も楽しいし、それを見てくれるお客さんの反応もまた楽しいんです(笑)。私ばっかり楽しんじゃって悪いなって思うくらい」。





>>次ページ (1/2)

title: Costume/OKAMI
Year: 2003
© TOMOKO SAWADA
Courtesy MEM
拡大>>



title: ID400 (部分)
Year: 1998
© TOMOKO SAWADA
Courtesy MEM
拡大>>



title: OMIAI♡
Year: 2001
© TOMOKO SAWADA
Courtesy MEM
拡大>>
BACKNUMBER
 
vol.18
フォトグラファー 川内倫子

「なぜ写真を撮るのか」いつも繰り返し問いかけて
vol.17
フォトグラファー 瀧本幹也

すぐに満足しないこと。一歩踏み出した先に、本当の「理想」がある
vol.16
フォトグラファー 本城直季

「不思議だな」って思う気持ちを正直に撮っていきたい
vol.15
フォトグラファー 市橋織江

「被写体との「一期一会」。限りある出会いを大事に撮っていきたい」
vol.14
フォトグラファー 平間至

「『好き』を大事に。感じたそのままを撮ろう」
vol.13
フォトグラファー 若木信吾

「撮りたいのは『大事なもの』。知りたいのは『本当の気持ち』」
vol.12
フォトグラファー 今井智己

「『撮る』ことは難しくない。大切なのは『撮り続ける』こと」
vol.11
フォトグラファー 高砂淳二

「海に触れ、自然や生命の不思議を感じる」
vol.10
フォトグラファー MOTOKO

「京都 The Old and New Guide of Kyoto」
 

© 2006 FUJIFILM Corporation