ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン福岡

  • 開催期間
  • 2009年8月28日(金)~2009年9月10日(木)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 福岡
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 福岡

山本 治之 写真展「大地の鼓動」―柱状節理の四季―

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

私が柱状節理を意識したのは、奈良県宇陀郡の屏風岩に桜を撮影に行った時のことである。爛漫と咲く桜の後方に、屏風のように切り立った崖があり、よく見ると規則正しい岩の柱が林立している。調べてみるとそれは、溶岩や火砕流などが冷え固まるときに、規則正しい四角~八角形になる柱状節理であることが解った。火山国である日本には、北海道から沖縄まで全国各地に柱状節理が存在し、テーマとして写し始めた。夢中でファインダーを覗いていると、太古の火山の噴火や岩がビシビシと冷え固まっていく音が、どこからか聞こえて来るような錯覚に陥ることがあった。北海道から沖縄まで約80箇所の柱状節理を撮影して、あらためて感じたことは日本の広さである。9月末に阿蘇で蝉の声を聞きながら、北海道大雪山の紅葉が気になり電話をしてみると、「大雪山」はもう雪が降りましたよ!今週末頃が盛りですよ!との返事に、半信半疑で行ってみると、大雪山は冠雪し、山麓の紅葉は真っ盛りであった。その時つくづくと、日本は広いと感じた。
是非ご高覧ください。

山本 治之


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る