ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン福岡

  • 開催期間
  • 2012年12月7日(金)~2012年12月20日(木)
  • 開館時間
  • 平日 10:00~18:30
    土曜日10:00~16:30
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 福岡
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 福岡

江崎幹秀 写真展「里山を歩く」-中大判カメラからデジタルへ-

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

30年前1台のハッセルブラッドを手に入れ、使い方も露出も解らぬまま、ひたすら野草の写真を撮っていた。当時は阿蘇・産山村が好きで村内の野草を中心に風景や放牧等を撮影していた。
1988年には産山村により、それらの写真をまとめた写真集「『阿蘇外輪』ヒゴタイの里-うぶやま」が出版された。その後「県境」をテーマに何か表現できないかと、中判大判のカメラを担ぎ、県境の山や川を歩いた。取材を重ねていく中で見えて来たのが宮崎県境の九州脊梁の山を源流とする私のふるさとの川「緑川」だった。
これらの写真をまとめ、2002年に銀座フジフォトサロンで「水・輪廻」(くまもと緑川)として発表した。
今回展示する作品は私の30年間にわたる写真人生の中で未発表のもの、および近年デジタルで撮影した作品からB1サイズで20点、さらに「風景無限 前田真三と仲間たち」に出品した10点を含め約30点の展示を予定しています。また、会場には6×6、6×9、4×5インチの作品原稿も展示予定です。ポジフィルムのよさも解っていただける事と思います。

江崎 幹秀


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る