ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン福岡

  • 開催期間
  • 2020年6月26日(金)~2020年7月1日(水)
  • 開館時間
  • 10:00~18:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 福岡
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 福岡

FUJIFILM Xシリーズ企画展 広告作品写真展
「X Commercial」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

カメラに限らず一般消費者向けの商品には原則として「広告」が必要となる。
広告がなければ消費者はその商品の存在に気付けないからだ。
そして、消費者はその広告原稿から商品の性能、ターゲットユーザー、作り手の想いなどを汲み取り、それが自分に適している商品なのかを見極める。
 カメラ誌広告の場合、そこからカメラの何が分かるだろう?画質が分かるだろうか?
否である。
解像度は主に印刷の線数次第だし、色再現もインクや紙質で大きく変化する。
昨今広告の主流となっているWeb広告とて同様である。
どんなスクリーンで観るかによって良くも悪くもなる。
ましてやAF性能や連写性能など、機械的な要素は文字情報で知るのみで、体感することは出来ない。
Xシリーズの広告原稿を制作する際、最も気にしているのは「世界観」だ。
正直に言えば、読者が広告ページを見てもらえる時間は少ないだろうと思っている。
ましてやそこにあるキャッチコピーやメッセージをしっかり読んでくれることは稀である。
だからこそ写真が大切だ。なぜなら「このカメラならこんな写真が撮れるのか!」と一発でメッセージを送ることが出来るから。
この写真展に並んだ作品たちは、そういう「重責」を担って世に発表されたものばかりだ。
残念ながら誌面で伝わりきらなかったこれらの作品の本当の魅力を是非オリジナルプリントで体感して欲しい。


<作家紹介>
浅岡省一、伊加田康隆、稲垣徳文、Taichi Imai、高桑正義、辰野清、野波浩、萩原史郎、HASEO、原貴彦、藤村大介、舞山秀一、元田敬三、山形豪、山田高央、湯沢祐介、米屋こうじ
(五十音順・敬称略)




ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る