ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン名古屋

  • 開催期間
  • 2012年1月20日(金)~2012年1月26日(木) 
  • 開館時間
  • 10:00~18:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 名古屋
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 名古屋

加藤 徹 写真展「地歌舞伎に魅せられて」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

「地歌舞伎」岐阜県では、地元の振付師、太夫、顔師、じかた、衣装方、床山、大道具、小道具等が素人役者とともに、笑いあり、涙ありの舞台を演じ、観客と一体となって盛り上げるものをそう呼んでいます。
全国には、約200の地歌舞伎保存会があり、中でも岐阜県には現在30の保存会と芝居小屋が12ヵ所あり、まさに地歌舞伎王国日本一を誇っています。
「岐阜の宝もの」に平成22年に認定され、全国に向けて積極的にPRする観光文化資源であります。
そんな地歌舞伎の魅力に魅せられたのは、約30年前のこと。
「おひねり」が飛び交う舞台、「大向こう」が役者に声援を送る一方、楽屋では顔師、衣装方、床山さんたちが慌しく動き、その雑踏の中で、役者たちの緊張感がヒシヒシと伝わってくる。その光景に感動を覚え思わずシャッターを切りました。
閑散とした山里で、江戸時代さながらに地芝居風景が繰り広げられている「姿」を表現しました。是非ご高覧ください。
1月22日(日)は開館いたします。

(社)二科会写真部会友
加藤 徹


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る