ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン名古屋

  • 開催期間
  • 2018年2月9日(金)~2018年2月15日(木)
    *土・日・祝は開館致します
  • 開館時間
  • 10:00~18:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 名古屋
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 名古屋

井戸田 和彦写真展 CITY SIGHT CUBA 2016

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 長年の念願がかなってキューバを訪れる事ができた。ここのところキューバ旅行はちょっとしたブームで、写真も巷にあふれている。
崩れかけたビル、街頭に溢れる革命英雄の壁画、オンボロクラシックカー、こんなイメージはハバナに着いてすぐに消えてしまった。
人々の明るく、屈託のない表情、古いがきちっと手入れされた建物、ゴミの落ちていない街路、整然とした車の流れ、これまでに訪れた途上国のそれとはあきらかに違っていた。
 また、訪問中に革命の指導者フィデル・カストロが天国に旅立った。
TV放送や新聞号外は大きく報道していたが、意外な事に市民は平静を保ち、落ち着いていた。それは、地方の都市へ行っても変わらない。食料は豊富に店に溢れ、人々の衣服も贅沢とは言えないが、清潔でお洒落であった。バス停では、キッチリ順序を守り、横入れなどはなかった。聞けば、食料の3分の1は配給、教育費、医療費は無料。
経済封鎖の中で、どうしてこんな事が出来るのか、私は不思議に思った。
贅沢を抑えて衣食が足れば、こんなに礼節を守った生活を送れるのか?
 今度は東部の都市を訪れたいと思っている。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る