ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン名古屋

  • 開催期間
  • 2020年3月13日(金)~2020年3月19日(木)
    *土・日は開館致します
  • 開館時間
  • 10:00~18:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 名古屋
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 名古屋

加藤勝己写真展 女城主の里 岩村・恵那

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本写真展は中止させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願いいたします。
ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

岩村城は、700年に亘る戦国時代を経て、今では岩積みだけが残る歴史豊かな山城です。
政略結婚を強いられた織田信長の叔母「おつや」という女城主。
最後、夫妻は信長に磔刑に処されてしまいました。

街道には重厚な旧家が見受けられ、多くの商家が軒を連ねています。
岩村界隈の田園風景は『農村風景日本一』というキャッチフレーズを掲げていますが、特別素晴らしい撮影スポットがあるわけでもありません。

そこにあるのは暖かい人の心と緑の山、はてしなく広がる田園風景。

農作業中の合間を見て、声を掛けても快く語りかけてくれます。
そんな歴史の城跡、石組みとそこに暮らす心豊かな人々、農村風景に魅せられ10年ほど通い続けてきました。

今回の個展は、まず厳しい戦国時代を語るお城から始まります。
次はお城を守る武家屋敷を通って商家が連なる旧街道へ。
町民のお祭り等の行事を通して人々の暮らし、更に農民、庶民の生活、風景を表現し、最後は再び冬の岩村城へ帰る、といったストーリーにしてみました。

展示を通してこの地の歴史と人々の温かさを感じ取っていただければ幸いです。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る