ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2009年10月2日(金)~2009年10月8日(木)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

パウル・ヴォルフ、木村伊兵衛、土門拳 -1930年代「ライカ写真」-

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

1925年にドイツのエルンスト・ライツ社から発売された小型カメラ「ライカ」は、堅牢な金属製ボディと片手に納まる大きさが高い機動性を生み、映画用35ミリ巾フィルムを使う事により40枚近い連続撮影が可能になりました。発売当初は、それまでより小さい画面サイズが難点とされていましたが、美しいプリントを得る「微粒子印画法」をドイツの写真家パウル・ヴォルフが開発しました。
ヴォルフは明快な作品と撮影指導書の執筆で世界にライカを広め、1930年代半ばから40年代にかけて我が国写真界にも大きな影響を与えました。近年その作品を見る機会は限られていましたが、昨年朝日新聞大阪本社の所蔵する「富士倉庫資料」より1930年代のビンテージプリントが発見されました。本展では、そのヴォルフ作品をご紹介します。
また、1930年にライカを手にしていた木村伊兵衛氏は、その小型カメラへの造詣から「日本のパウル・ヴォルフ」とも呼ばれていました。1935年に日本工房へ入社して独自の境地を切り開いた土門拳氏も、ライカを手に作品に向かいました。日本を代表する写真家が若き日にライカで撮影した作品を、木村作品は『光画』より、また土門作品はJCIIが所蔵する日本工房関係ネガからのモダンプリントでご覧いただきます。
東西の写真家は、1930年代の新鋭機器「ライカ」を使って、美しい風景や詩情を感じさせる肖像をとらえました。デジタルという新しい写真環境が普及した今こそ見直されるべき1930年代「ライカ写真」の世界をお送りいたします。


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る