ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2010年12月10日(金)~2010年12月16日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

白籏史朗写真展「圏谷のシンフォニー~北アルプス 穂高・涸沢~」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 登山ファン憧れの山である、北アルプス、穂高・涸沢。毎年その美しさに惹かれ、無数のプロ・アマがシャッターを切り続けています。涸沢には、涸沢カールと呼ばれる圏谷※があり、氷河によって運ばれた岩石や、削られ砕かれた様々な形の岩塊が存在します。そこには高山植物もあれば、圏谷を囲む岩尾根中に面白い形をしたピークや壁もあり、それらすべてが季節に応じて様々な変化の妙を表します。季節によって変わる光の角度は気象条件にともなって、岩にまつわる霧や雪が思いもかけないモチーフとなって見る者を楽しませてくれます。この写真展は、通常の表現と異なって、山々の姿は従とし、敢えて圏谷の内側のみにレンズを向けた異色の山岳写真展です。
 山岳写真界の第一人者として世界の名だたる山を撮影し、日本だけでなく世界規模で活躍している白簱史朗氏独自のカメラアイによって撮影された北アルプス、穂高・涸沢カールの変化に富んだ、美しくも厳しい雄大な姿は、見る者に感動を与えます。
 世界の山を知り尽くした山岳写真家の、優れた感性と比類なき情熱で写し撮られた北アルプス、穂高・涸沢を、ぜひご覧ください。

※圏谷:氷河の侵食と堆積作用により生まれた氷河地形の一つで、山地の斜面をまるでスプーンでえぐったような地形であり、高山の山稜直下などに見られる。氷河が成長と共に山肌を削り、上からみると半円状ないし馬蹄形状の谷となる。日本ではドイツ語のカール(独:Kar)と呼ばれることが多い。


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る