ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2015年7月31日(金)~2015年8月12日(水)
    *最終日8月12日(水)は19:00まで開館致します
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は19:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1・スペース2・ホワイエ
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

富士フイルムフォトサロン大阪 企画写真展
蜷川実花写真展

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

富士フイルムフォトサロン大阪では、2015年7月31日(金)~8月12日(水)まで、独自の色彩感覚とセンスで若年層を中心に圧倒的な支持を得ている写真家・蜷川実花の個展を開催いたします。
広告やファッションの分野で活躍し、モデル・アイドル・アーチィストなど幅広く撮影しながらも、自身の作品制作も同時進行し写真作家として精力的に作品を発表している蜷川実花氏。今回の写真展では、国内外の旅先で出会った花々を中心に風景なども織り交ぜ、大胆な構図と鮮やかな色彩感覚を持つ蜷川実花氏の作品を展示いたします。鮮やかな写真で写真展会場に華やかさと温かさを演出いたします。


[プロフィール]
蜷川実花(写真家・映画監督)
東京生まれ。
活動開催と同時に毎年写真集を発表し、現在までに80冊近くを出版。2007年に公開された『さくらん』では長編映画初監督も務める。同作は国内だけでなく、第57回ベルリン国際映画祭及び第31回香港国際映画祭の正式出品特別招待作品となるなど国内外で高い評価を得た。2008年11月に東京オペラシティアートギャラリーから始まり全国の美術館を巡回する大規模な回顧展「蜷川実花展 地上の花、天上の色」を開催、のべ18万人を動員する。2012年には『へルタースケルター』にて映画監督として第二作目を発表、同新藤兼人賞銀賞を受賞。ひとつぼ展グランプリ、木村伊兵衛写真賞、大原美術館賞(VOCA展)など数々受賞。2014年、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る