ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2017年4月28日(金)~2017年5月10日(水)
    *5月11日(木)は展示替えのため休館致します
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1・スペース2・ホワイエ
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

富士フイルムフォトサロン大阪 企画展
「南米大陸 いちばん遠い地球」
~熱狂の大地がやってきた!~

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 富士フイルムフォトサロン大阪では、2017年4月28日(金)から5月10日(水)まで、富士フイルムフォトサロン大阪 企画展、「南米大陸 いちばん遠い地球」~熱狂の大地がやってきた!~を開催いたします。

 南米大陸は、日本から見て地球のほぼ裏側に位置し、距離にして約1万7,000kmの隔たりがあります。一方、ペルーには推定10万人、ブラジルには約160万人もの日系人が暮らしていると言われており、我が国とのつながりが深い大陸の一つです。

 東西5,000km、南北7,500kmに広がる大陸には、アマゾン熱帯雨林、ギアナ高地、イグアスの滝、標高5,000m以上の山々を擁する長大なアンデス山脈、パタゴニア、そして南端部には幅数kmにもおよぶ大氷河が存在しています。

 この大陸は人類史の観点からも興味深い場所の一つと言えます。この地原産のジャガイモ、トウモロコシは我々の食糧事情を一変させ、人類の発展に影響を与えました。また、マチュピチュに代表されるインカ文明の痕跡や、カトリックの影響を受けた建築群が残されています。そして、今なおアマゾンで原始の生活を続ける部族、高地でインカ時代の風習を受け継ぐ村人、サッカーやカーニバルに熱狂する都市生活者など、ラテン文化を背景とした人々が現代に息づいています。

 本展では、世界規模で活躍し高い評価を受けるドキュメンタリー写真家 野町和嘉氏、探検家でもあり人類拡散の道のり約5万3,000kmを踏破した関野吉晴氏、空撮で壮大な地球を写し撮った清水武男氏などの作品群から精選し、大サイズ銀塩プリントで美しく迫力のある写真約90点を展示いたします。

 “地球の縮図”とも言えるこれら南米大陸の姿を、写真作品を通して是非体感いただきたく思います。

写真家 : 伊藤大輔、清水武男、白根全、関野吉晴、田中克佳、中村征夫、野町和嘉 山口大志



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る