ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2019年5月10日(金)~2019年5月16日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで/入館は終了10分前)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

織作峰子写真展「スイスアルプス鉄道の旅」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

このたび、富士フイルムフォトサロン 大阪では、全作品が超高画質ミラーレス中判デジタルカメラ「GFXシリーズ」と、機動力と高画質を高次元で両立するプレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」で撮影された、写真家 織作峰子氏による写真展「スイスアルプス鉄道の旅」を開催いたします。

スイスは何度訪れても新しい発見がある国。
今回は主にグラウビュンデン州を中心に、アルプスの山々に懐かれた大自然とそこに暮らす人々の姿を撮影した。ヨーロッパ最高峰と言われるユングフラウヨッホから猛吹雪の中を山小屋メンヒスヨッホを目指し歩く。夕焼けが星空へと変わり夜が明けて美しい御来光をみた時の感動は忘れられない。
また美しい車両で知られるスイスの鉄道、ベルニナエキスプレスに揺られながら車窓の風景や途中下車をして高山植物を撮ったり・・・
この旅でまたスイスが離れ難き国になってしまった。


織作 峰子


作品点数 : 約30点


※ 5月11日(土)に写真展併催イベントとして、織作峰子氏によるトークイベントを開催いたします。


<プロフィール> 織作峰子/Mineko Orisaku

織作峰子/Mineko Orisaku

石川県出身。
1981年度 ミスユニバース日本代表に選ばれ、任期中に写真家・大竹省二と出会い、翌 '82年に大竹スタジオに入門。
'86年全国二科展入選。'87年独立。'89年から2年間、米国ボストンに暮らす。
その経験から作品集「BOSTON in the time」が生まれた。世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続けている。
日本全国や世界各地で写真展を多数開催する傍ら、テレビ出演や講演で幅広く活躍中。
大阪芸術大学教授。写真学科学科長。



【写真展併催イベント】 織作峰子氏によるトークイベント

日時2019年5月11日(土) 14:00~15:30 (13:30受付開始)
会場富士フイルムフォトサロン 大阪・特設会場
定員100名・入場無料 ※定員になり次第受付を終了いたします。
申込トークイベントのご参加申込みは、お電話かFAXでお願いいたします。

TEL:06-6205-8000 (平日 10:00~18:00)
FAX:06-6205-8100

※ 土日、ゴールデンウイーク中は、下記を記載頂きFAXにてお申込み下さい。
①お名前
②電話番号
③同伴者2名まで(お名前を記載下さい)
満席の場合のみ、折り返しご連絡させていただきます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る