ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン札幌

  • 開催期間
  • 2009年12月4日(金)~2009年12月9日(水)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 札幌
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 札幌

小林正輔写真展『蝦夷鹿の詩』

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 今から40年以上も昔は釧路別保の山を越えると根室には鹿は居ないとなっておりました。
 それが25年前頃からどんどん根室でも見える様になって来ました。最盛期にはノサップ岬近くまで出現する様になり、私自身写材に適していると追いかけておりました。
 何より魅力的なのは『眼』にあり、それを写したいと心掛けていた訳であります。なかなか私の腕前では表現が未だに出来ずにおります。又季節的には冬期間の方が、我々に観易い所に出てくれますが、夏期間は少ないように思います。野生のエゾ鹿なので本当に近づいて写す事は難しいものです。
 ある夏期に牧場主の方から電話で「今鹿が来ているよ」と知らされ、お客様とお話中にも拘らずご了承を得、飛び出した事もありました。今は増え過ぎとの事で駆逐しております。
 私の心情としては鹿肉を食することは心にひっかかり、出来ないでおります。
 共生がうまく出来るのが理想であり、人間の知恵でそれが出来る事を祈っている次第であります。
 そんな想いを感じていただければ幸いです。

小林正輔


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る