ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン札幌

  • 開催期間
  • 2011年1月7日(金)~2011年1月12日(水) 
  • 開館時間
  • 10:00~18:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 札幌
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 札幌

NPO法人「北海道を発信する写真家ネットワーク」受託企画展「写真で綴る札幌~開拓史を記録した男達と現在を撮る子供達~」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

明治政府により配置された北海道開拓史は、函館の写真師・田本研造を擁し明治4年から北海道の開拓事業の進展を写真で記録し始めました。
同様に、武林盛一、シュティル・フリード等も札幌や北海道の開拓期の記録を多く写真で残しました。札幌は創成期から写真で記録されている世界的にも数少ない都市と言えます。
本写真展には、札幌市が収蔵するこれら札幌創成期を記録した写真を展示することに加え、彼らがカメラを向けた同じ場所に足を運び、思い思いの視点で現在の札幌を撮影した小学校の作品を併設して展示します。
札幌市の誕生と発展を現在に伝える貴重な記録写真と、子供達の目に留まった今日の札幌を通じ、写真の持つ価値・役割を様々な世代の方に体験していただき、銀塩写真の持つ優れた記録性・保存性について提唱する機会と成すことを目指します。
是非、ご高覧いただければ幸いです。

収蔵:北海道大学附属図書館


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る