ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン札幌

  • 開催期間
  • 2015年1月30日(金)~2015年2月4日(水)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 札幌
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 札幌

「写真で伝えるILoveYou」五十嵐豊ハートフルフォト写真展

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

これは写真が持つ「Loveを伝えるチカラ」に出会う写真展。
僕の家族やまわりの人達の日常を撮った写真を展示しています。

僕が家族の写真を撮るようになったのは、待望の第一子が生まれてから。
育休を取得し、主夫となり、パパの子育てに関する講演活動、記事執筆、パパ組織運営、その他子育てと子育て支援に関する活動を精力的に行っていました。

それらの活動や3人の子育てを通じて、たくさんの家族と、子育ての幸せや辛さを共感しあえるようになりました。そのなかから「カメラのおじさん」という、家族の写真を撮る活動を開始。

レンズを通じて伝わる、親が子どもを想う気持ち。子どもたちの無垢な顔と、それを囲む幸せなそうな顔。
多くの方が僕の撮った写真を「宝物です」とも言ってくれました。

そして写真には、想いが込められる、人を幸せにするチカラがある、ということに気づきました。写真は「たしかな愛」が伝えられる。
今回はその気付きを写真展としてまとめました。

妊婦さん向け写真教室や、愛が伝わる写真の撮り方を紹介する活動もスタートしていて、その一環としての写真展でもあります。

また今回は、妊娠中から10歳の誕生日までの10年間、1年につき100枚、1000枚で1組の組写真を作る「10年1000枚プロジェクト『子どもに伝える「あなたがいる家族の幸せ』」の展示もあります。

子ども自身が、自分が愛されていること。
子ども自身が、自分が生まれたこと、自分が成長していくことがパパやママにとって幸せなできごとであったことを、写真を通じて感じ取れる。

子育てに関わるみんなが、息をするように自然にいつも写真を撮るように。
写真を通じて、世界の家族の「家族である幸せ」をもっと増やしたい。
それが僕の夢です。   五十嵐豊



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る