ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2008年3月28日(金)〜2008年4月2日(水)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

大沼英樹写真展 「SAKURA〜幸せの樹の下で 九州・沖縄編〜」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 毎年春になると、桜前線と共に、沖縄から北海道まで日本各地を旅しながら、「桜のある風景」を記録しています。これらの作品はその「桜旅」で撮影した、九州と沖縄の写真をまとめたものです。
 私は電線などの人工物を排除して、桜のみを撮影した風景写真は撮りません。人々の日常と、そこにある桜とが調和した風景をありのままに記録したいという気持でシャッターを切っています。 
 鮮やかに咲き誇る桜。幸せの象徴である桜。しかしその裏側で、日本が太平洋戦争に突入した時代、「潔く命を捨てる象徴」とされた悲しい歴史があります。
 沖縄は島全部が戦場になりました。長崎には原子爆弾が投下されました。現在も忌まわしい戦争の傷跡が数多く残っています。二度と繰り返してはならない悲惨な歴史です。
鹿児島県を歩いていた時の事です。桜並木の下、手をつないで歩いてくるおばあさんと女の子に会いました。「この子は明日から小学校に通うんですよ。通学路を間違えないように一緒に歩いているんです。」女の子は嬉しそうにニコニコと笑っていました。その脇にある防空壕跡で、綿アメを持って走り回る子ども達の姿が印象的でした。桜並木はこれからも、この道を通る人達の幸せを見守っていくことでしょう。
 桜にはそれぞれの物語があります。私にとっては生きいきと咲く「命」を連想させる花なのです。
 そして、そこに暮らす人たちの幸せの物語を想うことが、平和につながると信じています。
 是非ご高覧下さい。


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る