ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2009年7月30日(木)~2009年8月4日(火)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

宍戸清孝・大沼英樹写真展「星と櫻」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

今回の写真展は、師弟関係にある二人の写真家が同じ会場で写真を展示する師弟展です。
二十代の頃、滞在中のハワイで一人の日系二世と出会った宍戸清孝は、第二次世界大戦中アメリカ軍の日系二世442連隊の一員として、過酷なヨーロッパ戦線等で戦った話を聞いた。
「彼らの軌跡を永遠に歴史に残す事こそ自分の天命」と心に誓った。
その運命的な出会いから二十年以上にわたり、現地に通い日系二世を取材している。
今回はその取材で撮影されたモノクロ作品を展示。
写真家宍戸清孝から「一枚の写真が人間の心を揺さぶり命をも変え、やがては世界をも変える力があるのだ」と聞いた大沼英樹。
情熱的な生き方に感動し、その場で弟子入りを決意し写真の世界に入る。その後大沼英樹は独立をし、第二次世界大戦に関連した日本各地の戦跡を訪れ、その地に咲く桜を撮影し続けている。今回は、沖縄戦の作品を展示する。
タイトルにある『星と櫻』とは星条旗の「アメリカ」と、桜を国の象徴とする「日本」を意味している。
また、二つの祖国の間を米兵として従軍することとなった日系二世の運命。
アメリカ軍の攻撃により、唯一地上戦が繰り広げられた沖縄を表してもいる。
師弟関係にある二人の写真家の視点は、現在の写真から過去の時間を思い、「平和ほど尊いものはない」とのメッセージを未来へと語り継いでいく。
是非、ご覧下さい。


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る