ページの先頭です


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2011年7月14日(火)~2011年7月19日(火)
  • 開館時間
  • 10:00~17:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

石井愛子写真展「くらげの宇宙」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

私が鶴岡の加茂水族館に通うこにになったきっかけは、山形の花笠祭りの笠そっくりの「くらげ」がいて、『花笠くらげ』と呼ばれていたからである。通う毎にその他のくらげにも興味が湧き、自分が「くらげ」に癒されていることに気付く。意のままに浮遊しているくらげ。でも、絶えることなきドラマがあり、共食い、美しいものには毒があり短命であるなど、色々教えてもらう。
お客様に常時最もいい状態で観てもらうために館長さんはじめ、職員の皆さんの大変なご苦労も知った。
スナップ撮りを楽しんだ私の足腰の老いを痛感している時、癒しと共に、目前に展開するくらげのポーズを撮る楽しみをもらった。失敗の連続だったが、幸せの空間だった。
その間、館長さんや職員の皆さんには大変お世話になり、感謝しております。
長年撮りためたくらげを認めて頂き、展示のために尽力して下さった皆様にこの場を借りて厚くお礼申し上げます。
山形の加茂水族館は日々アイデアと実践で発展し、世界一のくらげ館となった。
オワンくらげがノーベル化学賞で話題となったニュースには驚いた。
私はくらげに会えてよかったと心から思う。
五年後には大きくもっと楽しい水族館が誕生する。その時、何事もなかった様に浮遊するくらげにまた会えるのだろうか。

石井愛子


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る