ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2016年3月24日(木)~2016年3月29日(火)
    *土・日は開館致します
  • 開館時間
  • 10:00~17:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

芦川 洋 写真展 「山桜・里桜」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 東北の春は季節が凝縮されている。温かい日射しと風につつまれる事もあれば、時として冬に逆戻り、雪に見舞われる事もある。地域によっては梅花と桜花が拮抗していたり、遠く雪景色のこちら側には桜を愛でる私達がいたりする。
 淡い色の花を一気に咲かせ、春の訪れを告げる桜は、日本人の心の花とも称される。元来は野生種で山育ちなのだが、それを愛でようと園芸種として開発されたのがいわゆる里桜。心の花と称される桜を愛でようと、山から身近なところに持って来て各地に広まった。
 殊に東北の桜は厳しい冬をじっと耐え、しっかりと溜め込んだエネルギーを一気に、ここぞ、とばかりに放出する。それはまるで厳しい自然環境の中でじっと耐えながら暮らす、東北の人々の生き様を代弁しているかのようだ。桜を好む私たちは、知らず知らずのうちに、自らの生き様を桜に写しているのだろうか。
 そうした視点で、東北各地の桜を題材にした写真展を開催します。どうぞご高覧下さい。


<芦川 洋 プロフィール>
神奈川県生まれ、宮城県仙台市を経て、2015年5月より北海道札幌市在住
大阪芸術大学 芸術学部 写真学科 卒業
( 活動歴 )
2008年~2015年 モダンアート協会 モダンアート展
2012年~2015年 大阪芸術大学 グループ展「塊展」



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る