ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2016年8月25日(木)~2016年9月6日(火)
    *土・日は休館致します
  • 開館時間
  • 10:00~17:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

『風景写真』誌 競作展「にほんごの色―あきいろ― 」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

おそらく風景写真家ほど色にうるさい写真家はいないのではないでしょうか。
今も本誌のフォトコンテストに応募されてくる作品の半分近くをリバーサルフィルムが占めることも、風景写真家の色へ強いこだわりを示していると思われます。彼らが長年慣れ親しみ、信頼を置いてきたカラーリバーサルの色は、それを見てきた人々の記憶にも刻まれ、今や風景写真における色の基準となっているのです。
「にほんごの色―あきいろ―」はその繊細さにおける極みとも言える日本の伝統的な色彩を自然風景の中から見いだし、Xシリーズのフィルムシミュレーションモードにより表現した作品による競作展です。例えば「東雲色」「深紅」「赤銅色」はいずれも赤系の色。「紅掛花色」や「滅紫」は紫系の色ですが、果たしてXシリーズのフィルムシミュレーションモードは、こうした和の色のテイストをどのように写し出してくれるのでしょう。
『風景写真』誌上を飾ってきた読者にお馴染みの風景写真家たちによる作品で、ぜひ実際にご覧になってお確かめください。

展示プロデューサー:石川 薫(『風景写真』編集長)


~出展写真家~
相原正明、小松ひとみ、斎藤友覧、佐藤 尚、野呂希一、萩原史郎、前田 晃 ※敬称略 五十音順



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る