ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン仙台

  • 開催期間
  • 2018年1月11日(木)~2018年1月30日(火)
    *土・日は休館致します
  • 開館時間
  • 10:00~17:30
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 仙台
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 仙台

富士フイルムフォトコンテスト 歴代グランプリ作品展
「第53回~第56回」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 「富士フイルムフォトコンテスト」は、1950年に第1回が開催されて以来、半世紀以上の歴史を刻む、国内でも有数のフォトコンテストです。例年、腕に自信のある写真愛好家の皆様はもちろん、独自の感性や想像力を活かした作品作りに取り組む若手の写真愛好家の皆様にご応募頂いております。昨年の応募総数は36,110枚で、沢山の創意工夫溢れる作品の中から絞り込まれた最高レベルの力作で、上位を競いました。
第57回は、従来の4部門「自由写真部門」、「ネイチャーフォト部門」、「特別テーマ部門(壁を素敵にする写真)」、「フォトブック部門」に加え、「日本の文化部門」を新設しました。お祭り、郷土芸能、成人式等の行事、和服、和食、建造物など社会生活・日常生活上の日本の習慣を主題とし、日本の文化の魅力を伝える作品を募集しました。日本文化を新しい感性で切り取って表現した写真作品が、日本独自の文化の魅力の再発見に繋がることを期待しています。
 審査員は「自由写真部門」は織作峰子氏、「日本の文化部門」は椎名誠氏、「ネイチャーフォト部門」は相原正明氏、「特別テーマ部門」は鶴巻育子氏、「フォトブック部門」には榎並悦子氏に審査頂きました。
 写真を愛する皆様の意気込みと独自の感性溢れる作品の数々を、楽しみにお待ちください。

※ 第57回の審査結果は富士フイルムフォトコンテストのWebサイトとフォトコン4月号にて、平成30年3月下旬に発表予定です。
※ 全国各地の富士フイルムフォトサロン他で第57回入賞作品展を開催します。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る