ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧
新開発「スーパーCCD ハニカムTM V HR」と「リアルフォトエンジン」が高感度時代を切り拓く
手ブレ・被写体ブレに強く、暗いところでもきれいに撮れる
超高感度デジタルカメラ「FinePix F10」
最高感度ISO1600、約500枚の長電池寿命、シャッタータイムラグ0.01秒
新 発 売


平成17年2月15日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、富士フイルムイメージング株式会社(社長:田中 康夫)より、有効画素数630万画素以上のコンパクトデジタルカメラでは世界で初めて※1 、最高感度ISO1600を実現した「FinePix F10」を3月に発売いたします。

 「FinePix F10」は、従来デジタルカメラが苦手としていた室内や暗いシーンにおいて、高感度でノイズの少ない高画質を可能にし、手ブレ・被写体ブレに強く、失敗を減らす超高感度コンパクトデジタルカメラです。当社ユーザー調査によれば、デジタルカメラによる失敗撮影の理由の上位に「ブレている」「思ったより画像が暗い」等があります。また、それらの失敗撮影の大部分が室内で行われたものでした。当社は、「室内でもきれいな写真を撮りたい」というニーズに対応するため、銀塩フィルムで高感度化を実現してきた技術とノウハウを駆使して、デジタルカメラにおいても高感度領域の開拓を目指してまいりました。

「FinePix F10」は、新開発「スーパーCCD ハニカムV HR」※2 と「リアルフォトエンジン」※3 の搭載により、有効画素数630万画素の高画質で最高感度ISO1600を実現しました。高感度撮影がカメラまかせで簡単にできる「ナチュラルフォトモード」を使えば、室内や暗いシーンでもフラッシュを使わずに、目で見たままの美しさを再現できます。
 また、高感度を活かした高速シャッターによる「ブレ軽減プログラム」を新たに搭載しました。薄暗い場所での手ブレだけでなく、被写体ブレも軽減でき、お子様や動きの多いペットを撮影する際の失敗を減らすことができます。

 さらに、低消費電力化と大容量バッテリーの採用により、世界最高約500枚※4 の長電池寿命を実現し、海外旅行等でも長時間安心してお使いいただけます。またシャッタータイムラグ※5 最短0.01秒、起動約1.3秒、撮影間隔最短約1.1秒を実現している他、最長4.0m先まで届くAF補助光を使えば暗いシーンでも簡単にピントをあわせられ、シャッターチャンスを逃しません。

  専用ソフトケース・防水プロテクターも発売  
 
 「FinePix F10」専用ソフトケース「SC-FXF10」を3月より発売いたします。(3月12日発売 <2月28日追加事項>)
加えて、本格的なダイビングでの水中撮影にご活用いただける、許容水深40mの「FinePix F10」用防水プロテクター「WP-FXF10」を3月より発売いたします。(3月26日発売 <2月28日追加事項>)

 
※1 
平成17年2月15日現在、当社調べ。
※2 
フォトダイオード配列を従来型CCDの正方格子配列から45度回転させ、フォトダイオードの形状を受光面積の大きい八角形にし、解像度・感度・ダイナミックレンジ・S/N・色再現性などをバランスよく向上させた富士フイルム独自の「スーパーCCD ハニカム」の第五世代。高度な微細化技術により更なる高感度を達成しながら1/1.7型で総画素数663万画素を実現。
※3 
FinePix最高峰の一眼レフデジタルカメラ「FinePix S3 Pro」で開発した高度な信号処理技術をICチップ化した新たな画像処理エンジン。
※4 
平成17年2月15日現在、当社調べ。コンパクトデジタルカメラとして。1回の充電で測定。カメラ映像機器工業会が定める電池寿命測定方法についての統一規格に基づく。
※5 
AF/AEロック後にシャッターボタンを押し込んでから露光開始までの時間。





1. 製品名 フジフイルム デジタルカメラ「FinePix F10」


   <2月28日追加事項>
2. 発売日 平成17年3月 → 平成17年3月12日発売
3. メーカー希望小売価格    オープン
4. 主な特長
 
(1) 「スーパーCCD ハニカムV HR」搭載
有効画素数630万画素、最大記録画素数2848×2136ピクセル(610万画素)の高画質を実現。
有効画素数630万画素で最高撮影感度ISO1600を実現※6
最低感度ISO80〜最高感度ISO1600までの幅広い感度設定が可能。
※6 
従来当社コンパクトデジタルカメラにおいて、撮影感度ISO1600は1メガモード(1280×960ピクセル)でのみ可能でした。
 
(2) 「リアルフォトエンジン」搭載
高速処理により、シャッタータイムラグ最短0.01秒、起動約1.3秒、撮影間隔最短約1.1秒、を実現。
新たなノイズ低減処理技術を加えた「ダブルノイズリダクション」方式の採用により、さらなる低ノイズを実現。
最適な輪郭補正処理により、なめらかな階調と自然な色再現を実現。
高感度撮影がカメラまかせで簡単に楽しめる「ナチュラルフォトモード」を搭載。
手ブレや被写体ブレに強い「ブレ軽減プログラム」を搭載。
低消費電力と大容量バッテリーの採用により約500枚の撮影を実現し、海外旅行等に最適。
 
(3) 明るく見やすい2.5型の大型液晶モニターを採用し、写真の楽しみ方を拡大
大画面2.5型・高画質約11.5万画素・視野率約100%を実現。
3コマ前までに撮影した画像を表示させながらの比較撮影ができる「アシストウィンドウ」機能を搭載。
スライドショーの中にクロスフェード、マルチ再生表示も新たに追加し、大画面テレビ等で様々な再生方法が可能。
 
(4) 光学3倍ズームで、幅広い撮影シーンに対応
非球面2枚を含む5群6枚の高性能フジノン光学式3倍ズームレンズを搭載。
デジタルズームと光学ズームの組み合わせにより、最大約18.5倍のズームが可能。
AF補助光(到達距離約4.0m(広角側))で暗いシーンで、簡単にピント合わせが可能。
 
(5) その他の多彩な撮影機能
被写体に素早くピントを合わせる「クイックショットモード」を新たに搭載し、また被写体に自動的にピントを合わせ続け、フォーカス時間を短縮する「コンティニュアスAF」や画像中央付近のコントラストが高い被写体にピントを合わせる「オートエリアAF」を搭載。
最短約0.45秒間隔で3コマまでの連写の他、シャッターボタンを押している間、最短約0.45秒間隔で最大40コマ連写し続け、ボタンから指を離した直前の3コマのみを記録するサイクル連写を搭載。
高画質かつ動きが滑らかな30フレーム/秒の音声付きフルフレーム動画撮影機能搭載。
フジカラーのお店に「xD-Picture Card TM 」を持っていけば、気軽にフジカラーデジカメプリントが可能。大伸ばしプリントも美しく仕上がります。
5. FinePix 「Picture The Future」に対応
 
「Picture The Future」は、「FinePixViewer」から会員登録すると利用できるインターネットサービスです。デジタルカメラで撮影した画像を活用して楽しむことを目的に以下のサービスを展開しています。
 
デジタルカメラで撮影した画像の携帯電話やパソコンへの送信
多様なテーマで開催されるフォトコンテストへの参加、閲覧
オンラインアルバムやフォトダイアリーの作成、公開
 
「FinePix Internet Service」
「FinePixViewer」から会員登録すると利用できるサービスです。インターネット上に画像アルバムやダイアリーを作成・公開するサービス、フォトコンテストなどの画像投稿企画への応募、携帯電話への画像送信などのインターネットを利用したサービスを提供しています。
6.
「FinePixViewer Ver5.0」※7 で画像の楽しみ方が拡がる
 
デジタルカメラで撮影した画像をパソコンで閲覧、加工、プリントすることが可能な画像閲覧ソフト。
大量画像を扱う時代に合わせてスピードアップ、機能アップを行い、デジカメプリントが簡単にできるように、従来よりバージョンアップいたしました。

富士写真フイルムの70年に亘る写真技術やノウハウが凝縮された“Image IntelligenceTM ”の画像補正技術を利用し、自動画像補正機能、赤目補正機能、簡単顔ズーム機能を搭載
パソコンに保存された大量の画像を、日付順に並べて画像を一覧表示
好きな写真を選んで、簡単にネットプリント注文やホームプリントが可能
CD アルバム作成機能で、簡単にCD での画像のバックアップ保存が可能
 
※7 
「FinePixViewer5.0」はWindowsにのみ対応。Macintoshの場合はMacOS Xについて「FinePixViewer Ver3」がご利用いただけます。

*
スーパーCCD ハニカムTM 、xD-Picture CardTM 、Image IntelligenceTM は、富士写真フイルム株式会社の商標です。
その他の社名、商品名などは、日本及び海外における各社の商標または登録商標です。

7. 別売アクセサリー
8. 「FinePix F10」の主な仕様


デジタルカメラ「FinePix F10」


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2982
報道関係 コーポレートコミュニケーション部 広報部 TEL 03-3406-2490

最新のニュースリリース

2016年2月18日

2016年2月18日

2016年2月1日

2016年1月19日

ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る