[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]

ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

→ニュース画像へ

デジタルカメラ「FinePix F60fd」
新開発「シーンぴったりナビ」で4つのシーンをカメラが判断
進化した「顔キレイナビ」との“Wナビ”であらゆるシーンをフルオートで、美しく撮影可能
デジタルカメラ「FinePix F60fd」
高画質1200万画素・手ブレ補正機能・見やすい3.0型液晶搭載
新発売


平成20年8月12日
富士フイルム株式会社

 富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、撮影シーンを自動で認識し、最適な条件で撮影できる新開発の「シーンぴったりナビ」と、顔検出範囲No.1(*1)の顔検出機能「顔キレイナビ」の“Wナビ”であらゆるシーンをフルオートで美しく撮影できるデジタルカメラ「FinePix F60fd」を、富士フイルムイメージング株式会社(社長:杉原 和朗)を通じて、平成20年8月23日より発売いたします。

 今回発売する「FinePix F60fd」は、1200万画素の高画質と、高性能の「顔キレイナビ」(顔検出範囲360°、検出速度最短0.036秒)に加え、新開発の「シーンぴったりナビ」を搭載し、さらなる高機能化を果たしています。面倒な設定をしなくてもカメラ任せで美しい写真を撮りたいお客さまにお勧めのデジタルカメラです。

 新開発の「シーンぴったりナビ」は、カメラを被写体に向けるだけで、被写体までの距離、明るさと被写体が人物かどうかを検出、撮影シーンを「人物」「風景」「夜景」「マクロ」の4種類から判断します。富士フイルム独自の「リアルフォトテクノロジー」(*2)により、撮影条件の設定から画像処理までを瞬時に最適化することで、すべてカメラ任せのオート撮影で、失敗の少ない美しい写真がお楽しみいただけます。
 「人物」では、「横顔」や「斜め顔」、「上下逆向きの顔」までも高速で検出する「顔キレイナビ」との“Wナビ”効果でシーンを正確に判断し、ピント・露出・ホワイトバランスを最適化します。オートで簡単に自然な肌色を再現したきれいな人物写真が撮影可能です。「風景」では、遠くから手前までくっきりとメリハリのある写真が、「夜景」では手持ちでもブレを抑えるよう高感度の条件に自動設定し、目で見たままの美しい写真が撮影可能です。さらに、ぼけた写真になりがちな接写撮影時には、「シーンぴったりナビ」が自動で「マクロ」のシーンを認識し、マクロモードに設定するため、草花などの撮影でも失敗が少なくしっかりピントが合った写真が撮影できます。

 さらに、手ブレ補正機能(CCDシフト式)と高感度の相乗効果で、手ブレが発生しやすく撮影が難しかった室内や夜景などの暗いシーンでも、手持ちで撮影できるとともに、被写体が動くことにより発生する被写体ブレを抑えることが可能です。また、大画面3.0型液晶を搭載したことにより、撮影時や再生時の画像の確認や選択がしやすくなり、一層操作性が高まりました。一度に100コマの画像を液晶モニター上に一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能や、日付ごとに画像を見やすく表示する「日付別再生」機能で大量の画像を閲覧する時に大変便利です。

*1 
コンパクトデジタルカメラにおいて。平成20年7月現在。当社調べ。
*2 
「リアルフォトテクノロジー」とは、優れた解像力と豊かな階調表現、色再現性、高S/Nなどを可能とする、「目に見えるそのままの写真=リアルフォト」を実現する技術の概念です。





1. 製品名フジフイルム デジタルカメラ「FinePix F60fd」
2. 発売日平成20年8月23日(土)
3. メーカー希望小売価格  オープン

4. 主な特長
(1) 新開発「シーンぴったりナビ」搭載!顔検出範囲No.1の顔検出機能「顔キレイナビ」との“Wナビ”で、あらゆるシーンをフルオートで簡単に美しく撮影可能!
【シーンぴったりナビ】
被写体にカメラを向けるだけで撮影シーンを「人物」「風景」「夜景」「マクロ」の4種類から自動で判断。
富士フイルム独自の「リアルフォトテクノロジー」により、撮影条件の設定から画像処理までを瞬時に最適化。「人物」では、「顔キレイナビ」との相乗効果により、高速で人の顔を検出し、ピント・露出・ホワイトバランスを合わせ自然な肌色を再現。「風景」ならば遠くから手前までくっきりとメリハリのある写真が、「夜景」では手持ちでもブレを抑えた目で見たままの美しい写真が、「マクロ」では草花などの被写体にもしっかりピントが合った色鮮やかな写真が、撮影可能。
【顔キレイナビ】
「横顔」や「斜め顔」も含む最大10人まで一度に検出可能。検出された人物の顔にピントを合わせ、露出とホワイトバランスを調整し、人物をキレイに撮影。最短0.036秒で検出可能。
独自の画像処理技術“Image Intelligence™”に基づいた「自動赤目補正機能」により、自動で高速かつ高精度な赤目補正を実現。
顔の距離と大きさを認識し、最適な発光量に自動調整するiフラッシュ搭載。
顔部分の拡大表示によるピント確認や、顔を中心としたスライドショー、トリミングが可能。
(2) 有効画素数1200万画素、最高感度ISO6400を実現、ノイズの少ない高画質な画像が得られる。
「スーパーCCDハニカムVII HR」(*3)を搭載し、有効画素数1200万画素の高画質を実現。独自の画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」(*4)により、ノイズを徹底的に低減し、ISO1600の高感度をフル画素で実現。
マニュアルモード、A/Sモードに設定すると、ISO3200(600万画素)・ISO6400(300万画素)の超高感度撮影が可能。
AUTOモードで最高感度をISO1600・800・400から選択可能。
(3) 手ブレ補正機能(CCDシフト式)搭載、高感度ISO1600との相乗効果で手ブレや被写体ブレを防ぐ。
富士フイルムが業務用レンズなどで培った手ブレ補正技術により、小型で高性能な手ブレ補正ユニットを開発。高感度との相乗効果により、被写体が動くことで発生する被写体ブレを抑えるとともに、ブレやすく撮影が難しかった室内や夜景などの暗いシーンでも、手持ち撮影が可能。
(4) 撮影・再生がもっと楽しく、便利になる機能が満載。
見やすい大画面3.0型約23万ドットの液晶モニター。
日付ごとに記録画像を見やすく表示できる「日付別再生」や、一度に100コマの画像を液晶モニター上に一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能。
記録した画像を10コマ/秒で表示する高速再生機能。
最速約5コマ/秒、連続12枚撮影可能な高速連写モード。
独自の画像処理技術「ダブルノイズリダクション」を応用した「美肌モード」。人の肌をなめらかなイメージで撮影することが可能。
高速赤外線通信機能(IrSimple™/IrSS™(*5))に対応。この機能を搭載した「FinePix」シリーズ(*6)やその他電子機器(携帯電話、大型液晶テレビ)(*6)に画像送信が可能。
カメラ内でブログ用にリサイズして、画像を高速赤外線通信機能(IrSimple™)対応の携帯電話に転送ができる「ブログモード」。
一度シャッターを押すだけでノンフラッシュとiフラッシュ撮影の2枚を連続して撮影する「高感度2枚撮り機能」。
高感度2枚撮り・花火・夕焼け・スノー・ビーチ・美術館・パーティー・花の接写・文字の撮影モードなど15種類のシーンポジション。
xD-ピクチャーカードとSDメモリーカード/SDHCメモリーカードに対応するデュアルスロット。
*3 
フォトダイオード配列を従来型CCDの正方格子配列から 45度回転させ、フォトダイオードの形状を受光面積の大きい八角形にし、解像度・感度・ダイナミックレンジ・S/N・色再現性などをバランスよく向上させた富士フイルム独自のCCD「スーパーCCDハニカム」の第7世代。「FinePix F60fd」では、1/1.6型で有効画素数1200万画素を実現。
*4 
高度な信号処理技術をICチップ化した画像処理エンジンの第2世代。ノイズ低減と、高画質を実現。
*5 
IrSimple™/IrSS™はInfrared Data Associationの商標です。
*6 
対応機種については当社ウェブサイトをご参照ください。


 フジカラーデジカメプリントで美しいプリントをお手元に 
   フジカラーのお店にメモリーカードを持っていけば、気軽にフジカラーデジカメプリントが注文可能。大伸ばしプリントも美しく仕上がります。

 さまざまな写真の「楽しみ」を提供する写真総合サイト「Fotonoma」(フォトノマ) 
   「Fotonoma」は富士フイルムがインターネットを通じて、デジタルカメラや写真に関するさまざまな情報と、コミュニケーションサービスを連動させた、便利で、楽しめる写真総合サイトです。
  【サービス内容】
   デジタルカメラで撮影した写真で、公開・共有・交換・フォト日記などにより、新たな写真の楽しみ方が体験できる、参加型フォトコミュニティサービス「シェアリングコミュニティ」。
写真撮影テクニック、撮影スポット、フォトコンテスト、写真展など、写真に関する便利な情報提供。
デジタルカメラで撮影した画像の携帯電話への送信など。

 「FinePixViewer Ver.5.5」(*7)で画像の楽しみ方が広がる 
   デジタルカメラで撮影した画像をパソコンで閲覧、加工、プリントすることが可能な画像閲覧ソフト。大量画像を扱う時代に合わせてスピードアップ、機能アップを行い、デジカメプリントが簡単にできます。
   富士フイルムの70年以上にわたる写真技術やノウハウが凝縮された“Image Intelligence™”の画像補正技術を利用−自動画像補正機能、赤目補正機能、簡単顔ズーム機能を搭載。
パソコンに保存された大量の画像を、日付順に並べて画像を一覧表示。
好きな写真を選んで、簡単にネットプリント注文やホームプリントが可能。
*7 
「FinePixViewer Ver.5.5」は Windowsにのみ対応。Macintosh(Mac OS X)の場合は「FinePixViewer Ver.3.6」がご利用いただけます。

xD-Picture Card™ は、富士フイルム株式会社の商標です。
その他の社名、商品名などは、日本および海外における各社の商標または登録商標です。

5. 別売アクセサリー

6. 「FinePix F60fd」の主な仕様


デジタルカメラ「FinePix F60fd」




本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客さま お客様コミュニケーションセンター TEL 03-5786-1712
報道関係 広報部 TEL 03-6271-2000
関連リンク 関連リンク更新日 平成20年8月12日
最新のニュースリリース
ニュースリリース一覧へ
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]